豚しゃぶロゴ縦2

今日も鍋料理の紹介ですが。

このブログは、

滝村家の主に夕食で作っている料理を紹介することが多い。

そして、

パパ料理を日常にし、

誰もが料理を楽しく作ることができて、

トモショクを楽しむ家族を1ファミリーでも多く、

増やしたくて書いているブログ。


あと、最近より強く伝えたいことは、


「トモショクを楽しむためには、自分が健康でい続けなければいけない」


ことが、何より大切です。

ひとり、寝込んで布団の中にいたり、

入院して家にいなかったり、

することで、楽しむもなにも、トモショクすらできませんから。

この冬は、野菜いっぱい食べるためにも、

鍋がいいですよ。

野菜、野菜って、言ってるのは、

肉、肉、って言わなくても、みな食べているし。

ただ、植物性のたんぱく質である、大豆、豆腐類は、

副菜として、食べる習慣取りたいですね。

たんぱく質が、体作りますから。

豚しゃぶロゴ横



豚しゃぶ鍋

(25分|3〜4人分)
材料:
豚しゃぶ用肉・・・もも/ばら肉 各250gぐらい
白菜・・・6枚程度
大根・・・5センチ
小松菜・・・5株
絹豆腐・・・1丁
春雨・・・100g
白ねぎ・・・1本

A
 水・・・1000ml
 酒・・・100ml
 出汁こんぶ・・・1枚

うすくち醤油・・・大さじ5〜
卵・・・1人1個
ぽん酢・・・適量
ゆず・・・1個

作り方:
1・白菜ざく切り。大根拍子木切り。小松菜ざく切り。絹豆腐奴に切る。白ねぎ斜め薄切り。

2・鍋にAを入れ、大根、白菜、絹豆腐、小松菜を入れて煮込む。煮立ったらうすくち醤油を加えて、白ねぎ、春雨入れて蓋をして煮込む。春雨が柔らかくなったら肉と、皮を薄切りにしたゆずを入れて煮る。

3・火が通ったら、溶き卵+ポン酢タレで食べる。

アト辛大人味:七味

子手伝い:卵割る




豚しゃぶロゴ縦1

野菜たっぷり食べました。

豚は、ばら肉のほうが、しゃぶしゃぶ美味しいなぁ。

その時の気分によって、もも肉がいいとか、ばらがいいとかありますね。

献立に困ったら「鍋」でいいんじゃないですか。

パパ料理研究家|ビストロパパ 滝村雅晴



ちょっと、興味あって親子丼研究。

赤羽駅構内 エキュート 鶏三和の、名古屋コーチン親子丼。

食べてきました。

今年、ずっと、都立の赤羽にある高校で探求授業を3年生向けに実施しているので。

とっても、いい授業になっていると思いますよ。

FullSizeRender

なかなか美味しくいただきました。

JR赤羽駅 エキュートの中の店。

こんなに、いっぱいお店あるのね。

もっと、うろうろしていればよかった。

FullSizeRender

口が広い器に、広がるようにごはんがよそわれていて、

その上に、鶏と出汁、玉子だけの具が全体にかけられています。

ごはんと、具の接触面積が多いので、ごはんを掘り起こす必要がない。

つねに、具とごはんを同じ分量すくって食べることができる。

そのために、細長いレンゲがついている。

なるほど。

鶏の味は濃厚。

鶏の大きさは小さめ、2センチ以内。

食べやすいね。

そして、鶏だしと、鶏つくねの入った、コラーゲンスープが美味しかった。

FullSizeRender

だいぶイメージが沸いたので、

ビストロパパ流シン・親子丼

作ってみよう。

食べて良かった。





<今後のスケジュール>

11月30日(木) 都立高校探求授業「●●料理研究家になろう」

12月2日(土) 労働組合主催オンライン料理教室運営

12月3日(日) トモショクキッチンVol.149 




ビストロパパ講演

ビストロパパ代表の滝村による講演テーマです。

全国でのリアル講演およびオンライン講演も可能です。

ご依頼は、ビストロパパ社までご連絡ください。





法人向けオンライン料理教室サービスの紹介ページをリニューアルしました。

楽しいオンライン料理教室サービス、自信をもって実施いたします。

スライド1






オンラインショップバナー220701


一澤信三郎帆布×ビストロパパのエプロン

Bistro Papa Online Shop