けんちん汁ロゴ縦4

けんちん汁はいかがでしょうか?

ちょうど、ふさわしい食材があったので、

まとめて煮たら、けんちん汁になりました。

もうちょっと、好みの味付けにしたいかな。

馬路村のゆずがあることで、上品なけんちん汁になりましたよ。

ただ、けんちん汁風の汁物としてご紹介。

本来は、

,瓦淕で、根菜類を炒める

△澆蠅鵝∈重をいれない


作り方が、王道なのですが。

なんとなく、みりん、甜菜糖を入れて甘めの汁になりました。

そっちが好きな人は、作ってみてくださいね。

そうでなければ、△鯑れず、最初にごま油で炒めれば、

王道のけんちん汁になりますよ。





ちょっと多めに作った、けんちん汁

(6〜7人分|40分)
材料:
里芋・・・8個
じゃがいも・・・1個
大根・・・10センチ
にんじん・・・1本
油揚げ・・・2枚
いんげん・・・10本
白ねぎ・・・1/2本
ゆず・・・少々

A
 水・・・1500ml
 みりん・・・100ml*無しでもOK
 酒・・・100ml
 出汁昆布・・・1枚
 干ししいたけ・・・2枚

B
 うすくちしょうゆ・・・大さじ5
 塩・・・小さじ2
 甜菜糖・・・大さじ1*無しでもOK


作り方:
1・里芋の真ん中に包丁で1周切れ目を入れて下茹でし皮をむいて半分に切る。じゃがいも小さく切る。大根拍子木切り。にんじん斜め薄切りにして千切り。油揚げを小さく切る。いんげん斜め切り。白ねぎは小口切り。ゆずの皮を薄く切る。

2・鍋にAを入れ、里芋、大根、じゃがいも、にんじん、油揚げを入れて蓋をしてひと煮だちさせる。沸騰したら蓋をとり、干ししいたけを取り出して薄切りにして戻す。いんげん、ねぎ、Bを加えて煮込む。ゆずの皮を加えて出来上がり。

アト辛大人味:七味

けんちん汁ロゴ縦5

これが出来上がったすぐの汁。

そして、ひと晩たって朝、煮込み直したのがこちら。

けんちん汁ロゴ横6

だいぶんと違いますよね。

けんちん汁ロゴ横7


ゆずも添えて。

けんちん汁は、精進料理が発祥。

だから、出汁はかつお節ではなく、昆布と干ししいたけで。

うどん入れて煮込んでもいいですよね。

春雨いれてもいいかも。

また、作ろう。

今度は、みりん、甜菜糖無しで。

そして、ごま油で炒めて。

炒めることで、野菜の甘味とうま味がぐっと引き立ちます。

加熱されることと、水分が飛んで濃厚になるのでしょうね。

50歳を過ぎると、根菜類好きになってきます。

里芋の美味しさも気づく年ごろに。

パパ料理研究家|ビストロパパ 滝村雅晴



マリーさんは平和に過ごしています。

FullSizeRender




<今後のスケジュール>

11月30日(木) 都立高校探求授業「●●料理研究家になろう」

12月2日(土) 労働組合主催オンライン料理教室運営

12月3日(日) トモショクキッチンVol.149 




ビストロパパ講演

ビストロパパ代表の滝村による講演テーマです。

全国でのリアル講演およびオンライン講演も可能です。

ご依頼は、ビストロパパ社までご連絡ください。





法人向けオンライン料理教室サービスの紹介ページをリニューアルしました。

楽しいオンライン料理教室サービス、自信をもって実施いたします。

スライド1






オンラインショップバナー220701


一澤信三郎帆布×ビストロパパのエプロン

Bistro Papa Online Shop