リンゴBistroPapaクレジット3

料理が作れなかった。

まだ退院後、体調が本調子じゃない。

最初に作った、豆乳ラーメン鍋がたくさんあったので、




この残りを、





と3食食べた。

本当は、豚汁と、ハーブ蒸し鶏を作ろうとしたけれど、

体が動かず。。。

豆乳ラーメン鍋を食べたあと、19時から23時まで寝ていた。

なかなか、思った以上に体力が戻っていない。

特に、食後ちょっと動けなくなる感じがする。


フルーツは定期的に食べようと、半分に切ってスプーン食べられる、

キウイ

なんかは、よく食べる。

そして、体に優しい、体力が回復する果物と言えば、

りんご


リンゴBistroPapa横クレジット5

皮を剥いて、カットするだけだが、

一応技術がいる。

そして、一瞬ではなく、この状態にまでカットするのに、5分ぐらいはかかる。

だから、

たかがりんごを剥くだけでも、

面倒だと思う人もいれば、

やりたくない人もいる。

ましてや、体調がすぐれない時に、食べたくても剥く気になれない。


誰も剥いてくれる人がいなければ、自分でするしかない。

一番簡単なのは、真横に薄く輪切りにすればいい。

皮ごと食べることになるけれど、薄切りの円盤りんごは、食べやすい。


消化よくするなら皮も剥きたいところ。

そして、体調がすぐれない時に便利なのが、

冷凍食品だ。

特にスープ。

スープとパン。


ビーガンスープBistroPapaクレジット3

もうこれだけで十分。

このスープは、ビーガンスープ。

EMMの商品。




じゃがいものポタージュ。

冷凍のポタージュを湯せんで温めてお皿にいれて、パンを添えただけ。

助かる。

とにかく、今はよく噛むことを徹底する。

時間をかけて、噛んで食べると、びっくりするぐらい少量で満腹になる。

あと、よく噛んで食べ続けることで気づいたのが、

少量で満足する理由に、悩の満腹中枢がお腹いっぱいに感じることもあるのだが、

ひたすら口の中で噛み続けるので、

味が飽きる

のだ。

今まで、5口で食べていたものを、

10口ぐらいに分けて、かつじっくり味わって噛んで食べると、

その間、同じ味なので、

あ、もういいや。

ってなるのだ。

発見。

で、消化にもいい。

よく噛む。

噛んで噛んで、噛みまくろう。

ビストロパパ 料理研究家 滝村雅晴



健康経営を推進するための、

従業員向けヘルスリテラシーを高めるセミナーや、オンライン料理教室を、

10月から本格的に対応していきます。

今すぐできる。

分かりやすい。

これなら続く。


もともと、まったく料理をしなかった20年前に、急に目覚めて、

あれこれ、ビストロパパ流で積み上げてきたメソッドを、

「健康増進ルーティン」として、

食生活を見直しから、ご提案します。

ビストロパパ社まで、お気軽にお問合せください。

健康経営推進講座

健康経営アドバイザー 滝村雅晴





ビストロパパの大切にしていることを公開しました。

bistropapaメッセージ


ビストロパパのPhilosophy、哲学。

ホームページで紹介しています。

同じ思いをもった人たちと、仕事をさせてください。

ご連絡お待ちしています。





法人Facebookカバー230702


楽しく料理。笑顔でトモショク。

同じ思いの皆さま、応援クリックよろしくお願いいたします。



ビストロパパ講演

ビストロパパ代表の滝村による講演テーマです。

全国でのリアル講演およびオンライン講演も可能です。

ご依頼は、ビストロパパ社までご連絡ください。





法人向けオンライン料理教室サービスの紹介ページをリニューアルしました。

楽しいオンライン料理教室サービス、自信をもって実施いたします。

スライド1






オンラインショップバナー220701


一澤信三郎帆布×ビストロパパのエプロン

Bistro Papa Online Shop