牛丼BistroPapaクレジット3

久しぶりの牛丼

ずっと、肉を食べていなくて。

みな、肉が食べたいよー

な感じがあったので、なんとなく牛丼。

肉を噛む

は、食べた

って感じがする。

噛んで、食べて、生きてきた人類。


学生時代から、社会人になっても。

深夜、よく牛丼食べていたなぁ。

深夜というより、明け方かな。

牛丼を食べて思い出多いなぁ。

よく食べ、よく飲み、よく遊びました。

これから、その質や内容は変わるけれど、

同じように、

よく食べ、よく飲み(お酒は飲まないけど)、よく遊ぶ、暮らしをしないとね。

なんか、新しいこと始めたくなってくるね。



牛丼

(3人分|20分)
材料:
牛こま切れ肉・・・150g
玉ねぎ・・・1/2個
油揚げ・・・2枚

A
  水・・・200ml
  出汁こんぶ・・・1枚
  かつお節・・・少々
  酒・・・大さじ2  
  みりん・・・大さじ2
  甜菜糖・・・大さじ2

卵・・・1人1個

しょうゆ・・・大さじ3
ごはん・・・適量
紅生姜・・・適量

作り方:
1・フライパンにAと薄切り玉ねぎ、小さく切った油揚げと肉を入れて蓋をして火にかける。沸騰したら蓋をとりしょうゆを回しかける。

2・火が通ったらごはんの上につゆごとかけて、溶き卵かけて、紅生姜のせる。


牛丼BistroPapa横クレジット5

和牛の、小間切れ肉で、牛丼作ると、

ちょっと肉が分厚くてかたい。

吉野家の牛丼も、脂身がおおいアメリカ牛かな?

薄くて、ペラペラでもいいのが、牛丼の肉。

すっかり国民食。

食べて、みな満足。

ビストロパパ 料理研究家 滝村雅晴



健康経営を推進するための、

従業員向けヘルスリテラシーを高めるセミナーや、オンライン料理教室を、

10月から本格的に対応していきます。

今すぐできる。

分かりやすい。

これなら続く。


もともと、まったく料理をしなかった20年前に、急に目覚めて、

あれこれ、ビストロパパ流で積み上げてきたメソッドを、

「健康増進ルーティン」として、

食生活を見直しから、ご提案します。

ビストロパパ社まで、お気軽にお問合せください。

健康経営推進講座

健康経営アドバイザー 滝村雅晴





ビストロパパの大切にしていることを公開しました。

bistropapaメッセージ


ビストロパパのPhilosophy、哲学。

ホームページで紹介しています。

同じ思いをもった人たちと、仕事をさせてください。

ご連絡お待ちしています。





法人Facebookカバー230702


楽しく料理。笑顔でトモショク。

同じ思いの皆さま、応援クリックよろしくお願いいたします。



ビストロパパ講演

ビストロパパ代表の滝村による講演テーマです。

全国でのリアル講演およびオンライン講演も可能です。

ご依頼は、ビストロパパ社までご連絡ください。





法人向けオンライン料理教室サービスの紹介ページをリニューアルしました。

楽しいオンライン料理教室サービス、自信をもって実施いたします。

スライド1






オンラインショップバナー220701


一澤信三郎帆布×ビストロパパのエプロン

Bistro Papa Online Shop