金時草お浸しBistroPapaクレジット3

青菜は、茹でて、ごま、しょうゆ、ごま油で和えればいい

あまりなじみのない野菜。

金時草。

金時草が、青菜のくくりになるかは、ちょと微妙ですが。


金時草BistroPapa横クレジット4

土地によって、その呼び名が変わります。


 金時草(キンジソウ)や「式部草(しきぶそう)」と呼ばれているものは標準和名では「水前寺菜(スイゼンジナ)」といい、東南アジアが原産とされるキク科の多年草です。熊本県の水前寺地区(現在の熊本市中央区水前寺町)で湧き水を利用して栽培されたことから水前寺菜と呼ばれるようになったそうです。



金時草は、加賀野菜として石川で栽培されているものを呼ぶようです。

これは、木更津の畑で育てている金時草。

何がすごいって、冷蔵庫で保存して、平気で1か月ほど持ちます。

普通、青菜系は、すぐしおれますが、金時草は違います。

強い。

この手の葉っぱ、どのような料理がいい?

それはそれは、

まずは胡麻和えでしょう。





金時草の胡麻和え

(3人分|15分)
材料:
金時草・・・1束
のり・・・大判1枚
かつお節・・・少々
すりごま・・・大さじ2

A
 しょうゆ・・・小さじ2
 ごま油・・・大さじ1

茹でる水・・・適量
塩・・・小さじ1


作り方:
1・26センチのフライパンに湯を張って沸騰させる。金時草を根から茹で全体に火を通す。

2・茎側が柔らかくなってきたら、ザルにあげて水あらして軽く絞る。葉の方向をそろえて茎の茹でても固い部分をすべて切り落として取り除き、残りはざく切りにして軽く絞ってボウルに入れる。

3・2のボウルに、金時草、手でちぎった海苔、かつお節、すりごまを加えて混ぜ、Aを加えて和えて出来上がり。

アト辛大人味:七味

子手伝い:和える

金時草お浸しロゴ横1

ちょと粘りがあるお浸し。

春菊ではないけれど、ちょっとクセのある味があります。

苦いわけでもない、葉っぱの味がする感じ。

不思議な味です。

金時草お浸しロゴ横2



それでいて、甘味も感じます。

天ぷらにしても美味しかったな。

ビストロパパ 料理研究家 滝村雅晴



ようやく納骨して。

それから参拝してお祈りして。

美味しいごはん食べて。

いい日でした。

FullSizeRender

心を強くすれば叶う。

大丈夫です。



今日のトモショクキッチンLIVEは、18時から。

揚げ出し豆腐です。

美味しいのよね。

いっしょに作りましょう。





ビストロパパの大切にしていることを公開しました。

bistropapaメッセージ


ビストロパパのPhilosophy、哲学。

ホームページで紹介しています。

同じ思いをもった人たちと、仕事をさせてください。

ご連絡お待ちしています。





法人Facebookカバー230702


楽しく料理。笑顔でトモショク。

同じ思いの皆さま、応援クリックよろしくお願いいたします。




法人向けオンライン料理教室サービスの紹介ページをリニューアルしました。

楽しいオンライン料理教室サービス、自信をもって実施いたします。

スライド1






オンラインショップバナー220701


一澤信三郎帆布×ビストロパパのエプロン

Bistro Papa Online Shop