ビーツスープたてロゴ

この色は、この野菜でしか出ない

ビーツ

木更津の畑で、無農薬・無化学肥料で育った野菜です。


ビーツBistroPapa横クレジット3

ちょっと、仕込みに時間かかりました。

皮も固いし。

今回は、圧力鍋で最初にしっかり火を通して、それから薄切りにして煮込んでスープにしました。

以前、こちらの料理つくりましたけれど。




ビーツ独特の、ちょっと土臭さがの残りました。

それを防ぐには、皮剥いたり、酸味(酢やトマト)を加えるといいとか。

繊維質たっぷりで、けっこく固く、そして日持ちもします。

今回は、スープに。

新玉ねぎのスープの作り方で。

こっちも冷やしてうまい。

ただ、もっと拡散するかこさないと、繊維質が残るスープになったな。

また、チャレンジは来年かな。



ビーツのスープ

(5〜6人分|60分)
材料:
ビーツ・・・3個 1キロぐらい?
無塩バター・・・大さじ2
水・・・400ml
牛乳・・・400ml
塩・・・小さじ2
こしょう・・・少々

作り方:
1・ビーツの余分な根などカットして皮ごと、つかるぐらいの水にいれ、酢(小さじ2 分量外)を圧力鍋で加熱に火を通す。取り出して冷水で洗いながら皮をむく。小さく薄切りにする。

2・鍋にバターを入れて火にかけ溶けてきたら、1のビーツを入れて炒める。水を加えて蓋をして中火で10分ほど煮込み、火をとめてブレンダーで鍋の中のビーツをトロトロにする。牛乳を加えて火にかけ再度ブレンダーで軽く混ぜて、塩、こしょうを加えて味を調えて出来上がり。

食べ方:
・仕上げに牛乳をちょっと回しかけ
・冷蔵庫で冷やして食べる


ビーツスープロゴよこ7

仕上げに、牛乳をくるっと回しかけ。

さらに菜ばしでぐるぐる混ぜてみた。


ビーツスープロゴよこ1

この色のスープは、日ごろ食べてる野菜では出ないですよね。

ビーツだからこその色。

日本では、家庭料理というよりも、やっぱりレストランなど食べるスープっぽい。

繊維質がまだ残っていたので、ハンドミキサーでしっかり、しっかり混ぜるか、こすといいのかも。

土臭さをとるために、酢を入れて茹でたので、なくなったかな。

いろんな野菜があるんですね。

来年は、ボルシチ作ろうかな。



今日の一曲。



奥田民生さんの「風は西から」

マツダとのタイアップ曲かな。

あるYouTube動画で、依頼されて曲作るのが楽しい的なことを、民生さん言ってましたね。

コード進行が、G C Em D という進行がシンプルで弾きやすいのです。

Gのメジャーペンタトニックスケールの練習にもなるし。

アコギで弾いていますけれど。

歌詞もいいですよね。

ぜひ、自分から風吹かせていきましょうね。



法人Facebookカバー230614


楽しく料理。笑顔でトモショク。

同じ思いの皆さま、応援クリックよろしくお願いいたします。






ビストロパパのオンライン料理教室サービス

ビストロパパ社の企業・労働組合等団体向け、オンライン料理教室

人気の北海道食材セット付きサービスに、新メニュー登場




主催社様の、いろんなニーズに対応しています。

お気軽に、ビストロパパ社までお問合せください。





<今後のスケジュール>

6月24日(土) デジタルハリウッド校友会 

6月25日(日) オンラインの料理塾Vol.138

最新のスケジュールはこちら

・オンライン料理教室は、ビストロパパ・オンラインクッキングスタジオで運営しています。

・企業や創業時の、パーパスブランディング、ミッションブランディングのコンサルティングをしています。食・健康・教育関連は特に実績がありますので、サポートできます。ご相談ください。

・料理動画の企画編集も行っています。男性の家事参画、健康経営、働き方改革を通したトークや、ストーリーのある料理紹介も行っています。
BOCSバナー最終



オンラインショップバナー220701


一澤信三郎帆布×ビストロパパのエプロン

限定個数販売|オンライン料理教室付き(選べます)

Bistro Papa Online Shop