あずき牛乳寒天ロゴ

牛乳でデザート1品作るなら

寒天は、やっぱり素晴らしい。

誰かが最初に、天草かなにか海藻を寒天にして、

料理したんでしょうね。

誰だったんでしょう。

なんでもそうですが、今当たり前にあるものは、

最初は無かったわけで。

誰かが、生み出したんですよね。

その多くが、試行錯誤と偶然だったんでしょう。

意外に偶然が多いんじゃないかな。

とてもシンプルなデザート。

牛乳の風味も楽しめるし、粒あんのせたらこれがあうのですよ。

この作り方動画を農林水産省向けに作りました。

今、動画アップされているので、見てもらうとより分かりやすいと思います。



ビストロパパ オンラインクッキングスタジオで撮影しましたよ。



粒あんのせ牛乳寒天ゼリー

(4個分|20分+60分冷やす)
材料:
水・・・150ml
牛乳・・・300ml
粉寒天・・・小さじ1*2g
砂糖(グラニュー糖)・・・大さじ2*上白糖でも、甜菜糖でもOK
バニラエッセンス・・・数的
粒あん・・・適量

作り方:
1・鍋に水と粉寒天を入れて火にかけ沸騰させる。火を中火ぐらいにしてそのまま2分ほど煮て完全に粉寒天を溶かす(90度以上で溶けます)。火を止めて砂糖を溶かしたら、牛乳、バニラエッセンスを加えて混ぜる。

2・ボウルに水をはり、鍋ごと水につけて粗熱をとる。プリンカップ等にゼリー液をいれ冷蔵庫で冷やす。(40〜35度の温度になれば固まります)

3・カップを逆さにして爪楊枝を端にさして空気を入れてゼリーを皿に落とす。粒あんをのせて出来上がり。

作り方ポイント:
・とにかく、水+粉寒天で煮詰めて煮詰めて、しっかり粉寒天を溶かす。これにつきます。
・粒あんなしであれば、砂糖の量を増やしても。
・プリンカップの代わりに、口のほうが広いコップや器、バット。なんでもOK
・イチゴ、キウイ、オレンジなどカラフルなフルーツいれて、フルーツ寒天ゼリーも綺麗で美味しい
・固まった寒天ゼリーは70度以上にならないと溶けない


子手伝い:ぜんぶできるよね

味見ポイント:器にいれる前に味わってみよう

デザートを作ると、どれだけ砂糖が使われているかが、

よくわかります。

えー、こんなに入れているんだー

って。

また、砂糖を使わなくても、砂糖よりも甘い調味料もあります。

とりすぎは、なんでも体によくありません。

ほどほどに。

そして、自分で作ることで、自覚をもって、デザートや、スウィーツを楽しみましょう。

今回4個で、砂糖大さじ2使ったので、1個砂糖大さじ1/2入っています。

粒あんにも砂糖使われているので、プラスですね。

プリンカップ

こんなプリンカップ、蓋つきでダイソーに5個セットで売っています。

いいねー


牛乳ゼリー

冷たくしなくても、寒天は固まります。

けれど、冷やしたほうが美味しい。


あずきのせ牛乳寒天ゼリー

そのままでも美味しけれど、粒あんのせるとさらに美味しい。

より和なデザートになりますね。

カンタンでしょ。

今度、オンラインの料理塾で、やろうかな。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



そうめんチャンプルー動画公開!

美味しいなぁ。







パパの料理で、楽しいトモショク。

同じ思いの皆さま、応援クリックよろしくお願いいたします。






講演スライドタイトル

食材お届けのオンライン料理教室サービス開始。
80組(参加総勢140名以上)規模開催事例紹介中。

人気食材は、「ピザセット」「オムライスセット」

お陰様で多くの大手企業、労働組合様等から依頼をうけて、毎週末に実施しています。





<今後のスケジュール>

6月6日(月) 農林水産省イベント用動画撮影@ビストロパパオンラインクッキングスタジオ

6月8日(水) オンライン講演@岐阜県|グリーンパパプロジェクト理事会

6月12日(日) 企業向けオンライン料理教室|オンラインの料理塾Vol.93

最新のスケジュールはこちら

・オンライン料理教室は、ビストロパパ・オンラインクッキングスタジオで運営しています。

・料理動画の企画編集も行っています。男性の家事参画、健康経営、働き方改革を通したトークや、ストーリーのある料理紹介も行っています。
BOCSバナー最終



まもなくオープン!

名称未設定 (900 × 300 px)

Bistro Papa Online Shop