豚汁
豚汁

(5〜6人分|30分)
材料:
豚こま切れ肉・・・250g
ニンジン・・・1/2本
もやし・・・1袋
油揚げ・・・1枚
レンコン・・・5センチ程度
コンニャク・・・1枚
カボチャ・・・150g
小ねぎ・・・3〜4本
しょうが・・・2かけ
ごま油・・・大さじ1〜


A
 水・・・1000ml〜
 出汁昆布・・・1枚
 カツオ節・・・少々

B
 味噌・・・大さじ3〜
 うすくち醤油・・・大さじ2〜
 めんつゆ・・・大さじ1
 みりん・・・50ml
 酒・・・50ml

作り方:
1・ニンジン千切り。コンニャク、スプーンでちぎる。レンコンはスライサーで薄切り。油揚げは小さく切る。カボチャは薄切り。小ねぎは小口切り。豚肉は熱湯で下茹でする。

2・鍋にごま油を入れて火にかけ、ニンジン、コンニャク、レンコンを加えて炒める。Aを加えて、豚肉、カボチャを入れて蓋をして煮込む。火が通ってきたらBを加えて味を調え、しょうがをすりおろし、小ねぎを加えて出来上がり。

アト辛大人味:七味

子手伝い:コンニャクちぎる

タッキーポイント:
・しょうがはすりおろして、あとからかける
・最初ごま油で炒めることで、野菜が甘く美味しくなる



豚汁2


今年も、豚汁の季節がやってきました。

いつもや、根野菜で、ゴボウ、ダイコンを入れるのですが、手持ちがなくて。

もっと手早く作りたかったので、もやしで。

もやし、シャキシャキで美味しいですよね。

鍋でも、味噌汁でも、なんでも。

最近、食感が大事だなと。

いいと、美味しい、もっと食べたい、ってなる。

とくに、もやしはね。

多めに作って、朝食にすると、朝ごはん作りが楽。

時間が無くても、豚汁だけ食べていけば、なんとかなる。

そうそう、300人分の豚汁を地元で毎年作っていたのですが、コロナ禍で、無くなってしまいまして。

残念。

その時のノウハウを共有しています。



こういう、これは伝えたい!

ってやつを、noteに書いていくといいんですよね。

そろそろやろうかなぁ。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴






日経産業新聞の取材記事が、ネットニュースで掲載されました。

在宅勤務、料理で必須なのが、骨伝導イヤフォン。






もう、ずっとつけています。

外出中と、家事しているとき、ジョギング中。

欠かせないアイテム。

そして、バッテリー持ちがとってもいい。

よくぞ、こんな商品作ってくれましたよ。

おかげで、生活が変わりましたからね。

ライフスタイルが変わるぐらいの商品って、素晴らしい。

さらに進化していくの楽しみにしています。



今週土曜日のオンラインの料理塾は、油淋鶏でした。

鶏もも肉、鶏むね肉、両方とも美味しい。

動画公開中。ノーカット版。






ビストロパパ社オンライン料理教室サービスの案内配布用Ver.9

食材お届けのオンライン料理教室サービス開始。
60人規模開催事例紹介中。




*こちらの動画は2020年10月ごろ作成。現在はさらにアップデートして、お届けしています。



<今後のスケジュール>

10月30日(土)オンライン料理教室@大垣市

10月31日(日)ビストロパパCHANNELクッキングライブ|オンラインの料理塾Vol.71×ファザーリングジャパン関西コラボ企画

最新のスケジュールはこちら

・オンライン料理教室は、ビストロパパ・オンラインクッキングスタジオで運営しています。

・料理動画の企画編集も行っています。男性の家事参画、健康経営、働き方改革を通したトークや、ストーリーのある料理紹介も行っています。
BOCSバナー最終



着るほどに、食卓の笑顔が増えるエプロン。

11周年オンラインバナー200701
Bistro Papa Online Shop