米粉クリームシチュー2
米粉クリームシチュー

(5〜6人分|30分)
材料:
鶏もも肉・・・1枚(300g)
ジャガイモ・・・2個
ニンジン・・・1本
タマネギ・・・1個
ブロッコリー・・・1房
しめじ・・・1/2パック*なくてもOK
トウモロコシ・・・1/2本*なくてもOK

オリーブオイル・・・大さじ1.5
バター・・・大さじ1.5*あるとコクが出て美味しい

A
 水・・・400ml
 コンソメ固形・・・2個*1個5.3g
 ローリエ・・・1枚

B
 牛乳・・・400ml
 米粉・・・大さじ4

塩・・・小さじ1
白こしょう・・・少々

作り方:
1・鶏もも肉は1口サイズに切り塩(分量外)を加えて揉む。じゃがいもは皮ごと、1.5〜2センチぐらいに切る。ニンジンは皮ごと小さめの乱切り。タマネギはくし形切り。ブロッコリーは小房にわけ、芯は皮を切って薄切りにし熱湯でさっと塩茹で。しめじはいしづきを切って小房にわける。トウモロコシは葉付きのまま電子レンジ600wで3分30秒加熱して包丁で身をカットする。

2・大き目の鍋にオリーブオイルを加えて火にかけ熱くなったら鶏肉を加えて炒める。色が変わってきたら、ニンジン、ジャガイモ、タマネギを順に加え、バターを加えて炒める。

3・2にAとブロッコリー、トウモロコシを加えて蓋をして火が通るまで強めの中火で煮込む。火が通ったら、泡立て器でしっかり混ぜたBを加えて煮込み、塩、白こしょうを加えて味を調えとろみがついたら出来上がり。

アト辛大人味:これがベスト

子手伝い:野菜洗う・牛乳と米粉混ぜる

ポイント:
・大き目の鍋に、材料入れながら作れるレシピ
・ちょっといい牛乳入れるとコクがアップして美味しい

米粉クリームシチュー

大成功の巻。

とっても、とっても美味しくできました。

牛乳を四つ葉にしたのもよかったかな。



牛乳で味変わりますから。



この米粉と、四つ葉牛乳をしっかり泡だて器で混ぜて溶かして入れるのもポイントです。


このブログでも、過去クリームシチューを紹介したのが思い出せないぐらい、作らない一品なのですが。

妻、次女ともに好きで今回リクエストに応えて作りました。

僕が出張や仕事でいないときは、いつもクリームシチューなんですよね。

前回いつ作ったか検索しました。




2011年5月16日の記事にクリームシチュー作っていました。

優梨香のリクエストでした。

そういえば、優梨香も大好きな料理だったね。


改めて記事を見ると、闘病中の優梨香が食事をしている描写になっていますね。

病気が見つかって、天国に旅立つまで、元気になることを祈り、信じていたので、このブログには「闘病記」はありません。

ただ、知っている人が見れば、2011年の2月から2012年1月12日まで、優梨香が元気になることをひたすら願い、思うブログがつづられています。

口の広いお皿に盛りつけ、熱すぎないように少し冷ました後、テーブルへ。

ひと口目を、右手で持った木のスプーンですくい、ゆっくりゆっくり口に運び、しっかり味わいます。

そして、左手をゆっくり上げながら、親指と人差し指でOK。

ユリ蔵の口と目がほころびます。

よかった!

定番のミネストローネとおそろいで、赤、白、我が家の「オヤジの味」認定です。

そしてゆっくりゆっくり1時間から1時間30分ぐらいかけて味わいます。

見事完食。

ゆっくりでも、確実に、まったく残すことなくいつも食べてくれます。

そのパワーがすごい。

しっかり食べるユリ蔵から、たくさんの元気をもらいます。

ありがとうね。

パパは、これからもずっとずっと作り続けるからね。

そして、それを覚えてユリ蔵が作ってね。

パパ手伝うから。

マオ助も手伝うよ。

楽しみだなぁ。

パパ料理研究家 滝村雅晴

前回クリームシチューを作っていた日に書いていたブログの記事。

肢体不自由になったことで、手がうまく動かなく、ゆっくり、ゆっくり、自分の力で食べるのです。

大好きなクリームシチューを。

ゆっくりすくって、口に入れる。

声がでないので、手で美味しいを教えてくれます。

美味しそうな笑顔をいつも僕に届けてくれました。

目に浮かびます。

本当に美味しそうに食べるんですよ。

優梨香は。

だから、パパ料理研究家になれた。


僕が、パパ料理を作り続ける原動力は、この優梨香からもらっています。

今でも。

毎朝起きた時、寝る前、優梨香にお礼を言います。

今があるのは、優梨香のお陰だよって。

今日も健康で、家族で美味しく食事ができましたって。


クリームシチュー、もっと作らないと。

そして、食卓の笑顔を増やすために、クリームシチューをもっと作らないと。

今度、優梨香が大好きなクリームシチュー料理として、オンラインの料理塾で皆と作りたいと思います。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



2021年9月2日(木)の日本農業新聞にインタビューが掲載されました。


240844924_4057896640983216_2255753877645809401_n

家事料理をみんなで協力して作って、楽しいトモショクが増えますように。



2021年9月5日(日)16時45分から、YouTubeライブ配信です。一緒に水餃子作りましょう。




ビストロパパ社オンライン料理教室サービスの案内配布用Ver.9

食材お届けのオンライン料理教室サービス開始。
60人規模開催事例紹介中。




*こちらの動画は2020年10月ごろ作成。現在はさらにアップデートして、お届けしています。



<今後のスケジュール>

9月2日(木) 日本農業新聞 一面インタビュー記事掲載

9月4日(土) ガモールマルシェ ライブキッチン

9月5日(日) オンラインの料理塾Vol.63

最新のスケジュールはこちら

・オンライン料理教室は、ビストロパパ・オンラインクッキングスタジオで運営しています。

・料理動画の企画編集も行っています。男性の家事参画、健康経営、働き方改革を通したトークや、ストーリーのある料理紹介も行っています。
BOCSバナー最終



着るほどに、食卓の笑顔が増えるエプロン。

11周年オンラインバナー200701
Bistro Papa Online Shop