宮城県登米市はっと
宮城県登米市郷土料理 はっと汁

(3〜4人分)
材料:
みやぎのあんべいい はっと 2食入・・・1セット(はっと×2 たれ×2入り)
鶏もも肉・・・1枚(300g)
大根・・・5センチ
ごぼう・・・1/2本
にんじん・・・1/4本
しめじ・・・1/4パック
白ねぎ・・・1/4本
出汁こんぶ・・・1枚
あぶら麩・・・1本*油揚げ、厚揚げ、車麩でもOK

水・・・600ml

作り方:
1・鶏もも肉を1口サイズに切る。大根縦に薄切りにして拍子木切り。ごぼう、にんじん斜め切りして千切り。しめじいしづき切ってばらす。白ねぎ斜め切り。あぶら麩1センチぐらいに切る。

2・鍋に水と出汁昆布、鶏肉、大根、にんじん、ごぼう、しめじを入れて火にかける。沸騰して火が通ってきたらあぶら麩を入れる。だしとはっと、ねぎをいれて煮込んで柔らかくなったら出来上がり。

アト辛大人味:七味

子手伝い:袋からはっとだす


IMG_2652




こちらが、はっと2食入りです。

巣鴨地蔵通り商店街のアンテナショップ、ガモールマルシェで、登米・気仙沼フェアがありました。



フェアで販売していたので、買ってきて作りました。

そして、自分で作ってみて、その感想ふくめYouTubeでライブ配信しました。

IMG_2653

小麦粉で作った麺が「はっと」。

平たい、うどん。

きしめんがさらに大きく四角になった感じ。

煮込んでも、ふやふやになりすぎないんですよ。

昨日、作って3時間以上、なんども火にかけていましたが、最後一番美味しいぐらい、味が染み込んでいました。

いいなー、はっと。

市販の添付だしも、濃すぎず、薄すぎず。

こういう汁物は、野菜や肉の味をしっかり味わえるぐらいがいいですよね。

だから、ごぼうとか必須かな。

きのこ類もたっぷり入れると、うまみがでます。

はっと汁

そして、あぶら麩。

これ、いいですねー。

IMG_2643


しっかり味が染み込むのは当たり前ですが、あぶら麩の、いい意味でのこってりさが食べた感満載。

普通にスーパーで売ってほしいぞ。

あぶら麩。

これで、肉豆腐とか、親子丼とか作っても美味しいでしょね。

これも研究しないと。

IMG_2644

という、なんとも楽しい、はっと鍋を堪能しました。

こうして家庭で味わってから、宮城県登米市にいって、本場を食べると、また楽しいのでしょうね。

ガモールマルシェで食べたものを、本場で味わうのを、これからの楽しみにします。

ぜひぜひ、宮城県登米市の皆さま、応援しますので、呼んでくださいね。

パパ料理研究家|大正大学客員教授 滝村雅晴





8月21日(土)キューピー3分クッキングに親子出演です。







ビストロパパ社オンライン料理教室サービスの案内配布用Ver.9

食材お届けのオンライン料理教室サービス開始。
60人規模開催事例紹介中。




*こちらの動画は2020年10月ごろ作成。現在はさらにアップデートして、お届けしています。



<今後のスケジュール>

7月24日(土) 巣鴨ガモールマルシェ ライブキッチン

7月25日(日) 親子の日に親子でオムライスを作ろう!オンラインの料理塾

最新のスケジュールはこちら

・オンライン料理教室は、ビストロパパ・オンラインクッキングスタジオで運営しています。

・料理動画の企画編集も行っています。男性の家事参画、健康経営、働き方改革を通したトークや、ストーリーのある料理紹介も行っています。
BOCSバナー最終



着るほどに、食卓の笑顔が増えるエプロン。

11周年オンラインバナー200701
Bistro Papa Online Shop