スペアリブ3

ビストロパパ社12周年記念 THEスペアリブ

(8本|50分)
材料:
豚スペアリブ・・・8本
玉ねぎ・・・1/2個
塩・・・少々
こしょう・・・少々

A
 ケチャップ・・・大さじ4
 はちみつ・・・大さじ3
 しょうゆ・・・大さじ2 
 ウスターソース・・・大さじ2
 にんにく・・・1かけ*すりおろし

ローズマリー・・・4〜5茎
新じゃがいも・・・2〜3個

作り方:
1・スペアリブの両面にフォークを刺して穴をあけ、塩・こしょう(分量外)を軽く振ってもむ。玉ねぎをすりおろす。オーブンを200℃の予熱にしておく。じゃがいもを洗って皮ごと2〜3センチぐらいのサイコロ状に切る。

2・Lサイズのフリーザーバッグに、1のスペアリブと玉ねぎ、Aを加えてよく揉んで10〜20分ほど寝かせる(寝かせなくても予熱できればすぐに焼いてもOK)。

3・オーブンの天板にクッキングシートを敷き詰めて、2のスペアリブのタレを少し手でぬぐって広げるように並べる。端にじゃがいもを皮面を上に並べてオリーブオイル・粗挽きこしょう(いずれも分量外)かける。ローズマリーの葉をとってまぶす。残りのローズマリーはスペアリブにかける(なくてもOK)。20分加熱したら、いったん取り出し、スペアリブを裏返し、ソースをスプーンですくって肉の上にかけて、さらに200℃予熱して10分焼いて出来上がり。

4・じゃがいもは塩かける

アト辛大人味:
・タバスコ

子手伝い:
・フォークでさす
・揉む

スペアリブ

こんなに柔らかく、美味しくできました!!!

漬け込み時間10分ぐらい?かも。

フォークで肉に穴をあけて、よく揉めばOK。

また、玉ねぎも1/2個すりおろしをもみこむことで、肉も柔らかくなります。

びろ〜んと広がりますから。


スペアリブできた!

オーブンから取り出した天板はこんな感じ。

もうたまらない色と香り。

ローズマリーがたくさんあったので、まぶしてみました。

ハーブの香りがこれもいい感じ。

すっかりローズマリーマニアです。

毎日とはいかないけれど、記念日なんかのイベント料理としては、これは最高ですねー

あー

写真見ているだけで、また食べたい。。。

今回は国産の豚で作りました。

外国産のものはもっとコスパがいいですよね。

食べ比べしてみようかな?

いずれにせよ、オーブンで焼く料理は、仕込んで焼くだけなので、出来上がりが楽しみで。

もっと、オーブン料理楽しみます。

ね。

いっしょに楽しみましょう!

そう、料理は家事でもあるけど、楽しみにしたら毎日が楽しい!説。

信じてます。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



そして、お陰様で本日4月3日、ビストロパパ社は設立12周年を迎えました。

2009年4月3日に会社登記しました。

あれから12年。

皆さんに支えられて、いっしょに走れて今があります。

いつもご覧いただいている皆さま、ありがとうございます。

今年は、改めて動画とライブ配信に力を入れています。

オンライン料理教室や、クッキングライブも、ライブ配信しながら、その後動画でコンテンツを見てもらえるように、コツコツ、ビストロパパ動画を増やす1年にしていきます。

ライブ配信と動画編集をYouTube等で活用することで、より分かりやすく、パパ料理やトモショクを伝えることができます。

そして、そのノウハウを多くの食や料理の情報発信していきたい人たちに、教えていくことも始めます。

「オンライン料理教室の学校」(仮)みたいな企画です。

今年1年も、コロナ禍が続くかと思われます。

うまくリアルとオンラインや動画を活用し、ハイブリッドな展開を皆さんと行っていきます。

商品が届いて一緒に食卓を楽しめるためのオンライン料理教室の企画もスタート。

13年目もよろしくお願いいたします。





ビストロパパ社へのオンライン料理教室依頼を検討されていらっしゃる方は、パパの料理塾オンラインにぜひご参加ください。

そして、オンライン料理教室サービスの詳しい案内資料も完成しました。

ご希望の方は送付しますので、お問合せください。





<今後のスケジュール>

4月3日(土) ビストロパパ社創立12周年/日本パパ料理協会7周記念スペシャルライブ配信


最新のスケジュールはこちら

・オンライン料理教室は、ビストロパパ・オンラインクッキングスタジオで運営しています。

・料理動画の企画編集も行っています。男性の家事参画、健康経営、働き方改革を通したトークや、ストーリーのある料理紹介も行っています。
BOCSバナー最終



11周年オンラインバナー200701
パパが本気になるエプロン。
パパ用エプロン専門店