シュクメルリ2

ジョージアの国の料理「シュクメルリ」を作りました。


この料理の存在を知らなければ、

作る機会ないですよね。


料理の仕事していると、

嬉しいことに、知らなかった食材や料理に出会います。

道具もですね。


ずっと作りたくて、この夏は鶏料理を極めようかなと。

かんたんで、驚きのおいしさ。

生クリームと、生のにんにくは必須なので、

その分単価があがりますが、

外食を控えている今、お家でレストランの味を楽しむ一番いい方法は、

家庭料理として作って食べること。

★シュクメルリ(3〜4人分|25分
材料:
鶏もも肉・・・・・・2枚(600g)
バター・・・・・・大さじ1.5
生クリーム・・・・・・200ml
イタリアンパセリ・・・・・・1茎(パセリ、ドライパセリでもOK)

A 
 水・・・・・・100ml
 白ワイン・・・・・・100ml
 にんにく・・・・・・3かけ(すりおろす|大さじ3ぐらい)
 ブイヨン・・・・・・1個(コンソメでもOK)
 パプリカパウダー・・・・・・小さじ1/2
 塩・・・・・・少々

フランスパン(バゲット)・・・・・・好み

作り方:
1・鶏もも肉は3〜4センチサイズに切る。パセリはみじん切り。バゲットを斜め薄切り。

2・フライパンにバターを入れて火にかけとけたら鶏肉の皮面を下に焼き、両面焼いたらAを加えて鶏肉に火が通るまで煮る。

3・2に生クリームを加えて混ぜ、沸騰する前に火を弱め、味を確認して(好みで塩を加える)さらに盛り付け、パセリをふって出来上がり。バゲットをつけて食べる。

子手伝い:
・味見

シュクメルリ3ジョージア

抜群に美味しい。

スーパーで手軽に手に入る食材で、いつもと違う家庭料理になる。

これが、僕が料理が大好きなポイント。

知っている食材の組み合わせで、新しい味に出会えるって素晴らしいですよね。

特に、今回の食材は、日ごろ使っている食材ばかり。

これがいい。

シュクメルリ

あー、美味しかったのでまた作ろう。

と、思える料理に出会えて感謝。

パパ料理研究家|パパの料理塾主宰 滝村雅晴



今日のマリーさん。

家の中は快適なので、いたって元気です。

かなりの、カマッテカマッテ猫になってしまいました。

DSC_5512

思い出したように、ニャーニャーやってきます。

DSC_5513

いいんですけどね。



<今後のスケジュール>

8月15日(土) パパの料理塾オンラインVol.13

8月18日(火) 農林水産省食育推進評価専門会議

最新のスケジュールはこちら

・ZOOMを利用した、オンライン料理教室/男性の家事参画/トモショク講座・研修実施中

・トモショク推進を通した働き方改革研修・ワークショップ

・男性・父親の家事参画

・パパ料理、パパ子料理、トモショク料理教室

 等の、講師依頼は、

 ビストロパパ社までお問い合わせください。



11周年オンラインバナー200701

パパが本気になるエプロン。

パパ用エプロン専門店 

Bistro Papa Online Shop