ガーリックステーキ

美味しいステーキ。

びっくりするぐらい美味しくできました。


毎日食べてもいいかも。


美味しいステーキ

レシピは明日紹介します。



続き。

明日掲載できませんでした。

失礼しました。

で、書きます。

お肉は、スーパーのステーキ肉でよく出回っている、

「肩ロース」です。

米国産、オーストラリア産が並んでいます。

どちらもとっても美味しいです。

これは、オーストラリアのオージービーフ。

★トモショクレシピ
材料:
牛肩ロース肉(1枚200g 2枚)
じゃがいも(2〜3個)
にんにく(4かけ)
ローズマリー(6茎)

オリーブオイル(大さじ2〜)

塩(小さじ1)
粗挽きこしょう(適量)
白ワイン(50CC)

作り方:
★鋳鉄のフライパン スキレットを使用

1・じゃがいもを洗って皮ごと8等分に切る。にんにくは包丁の腹でつぶす。肉は常温に戻し、包丁で両面たたいて、塩、粗ひきこしょうをまんべんなくかける。

2・フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて火にかける香りたったら、ローズマリー2本と、じゃがいもの皮をしたに入れて強めの中火で5分焼き蓋をして弱火で7分ほど蒸し焼きにする。

3・蓋をとり、じゃがいもに火が通っているのを確認したら、中央のスペースをあけ、火を強めて肉を焼く。片面焼き色がついたら裏返し、白ワインとローズマリーを加えて蓋をして中火で2分ほど蒸し焼きにして出来上がり。

アト辛おとな味:
・わさび

子手伝い:
・塩ふる
・ローズマリーを庭からとってくる

ローズマリーは、買うのもいいですが、育てるか、生えている場所をみつけて収穫してきましょう。

家庭で肉を美味しく焼くなら、フライパンが命。

鋳鉄フライパン、おすすめです。



重いけれど、これでしか作れない料理や味も多くて。

パパが使いたいなら、夫婦で相談の上、置く場所、洗い物の責任をもって購入ください。

一生ものですよ。

パパ料理研究家 滝村雅晴