鮭とアサリのアクアパッツァ

秋鮭のアクアパッツァ


アクアパッツァ研究が続きます。

アサリを加えたので、シンプルに塩ベースで。

白ワインではなく、日本酒を使って、酒蒸しに。

最後好みで、醤油かけてもOK。


★トモショクレシピ
20分|2〜3人分
材料:
生鮭(2切れ)
アサリ(1パック)300g程度
ミニトマト(6個)
マッシュルーム(4個)
パセリ(2茎)
ニンニク(2かけ)

オリーブオイル(大さじ3)

塩(小さじ1)
粗挽きこしょう(少々)

日本酒(100CC)
しょうゆ(少々)

作り方:
1・鮭を軽く洗って水気を拭き取り塩を振ってしばらくおく。水気でたらキッチンペーパーでしみ込ませる。アサリは砂抜きをする。ミニトマトは半分に切る。ニンニクは包丁の腹でつぶす。マッシュルームはいしづきを切り取り縦に薄切り。パセリはみじん切り。

2・フライパンに、オリーブオイル、ニンニク、パセリ(半分)加えて火にかけ香りたったら、鮭の皮面をしたに入れて焼く。焼き色がついたら裏返し、アサリ、ミニトマト、マッシュルーム、酒を加えて蓋をして中火にかける。

3・アサリの殻が空いたら蓋をとり火にかけて、スープが乳化してきたら味見をし、粗挽きこしょう、しょうゆ、塩(分量外)で味を調えてる。皿に盛り付けパセリを振ってできあがり。

アト辛おとな味:
・酒

子手伝い:
・塩をふる

鮭アクアパッツァ2

なかなかのご馳走です。

見た目もいいし。

これから、秋鮭が美味しく出回る季節。

おもてなしの一品としてもいいんじゃないでしょうか。

切身で作る、アクアパッツァは楽ちんです。

パパ料理研究家|パパさかな大使代表 滝村雅晴



今日のマリーさん。

IMG_3754

仕事デスクの左奥の、パソコンのデスクトップと、

外付けハードディスクの角に収まってねています。

最近、このポジションで寝ます。

機械音がするのだけれど、寝やすいのかなー

木の上なので、寝心地もいまいちだと思うけれど、

本人がいいのなら。


今のタイミングが、右目に塗り薬するチャンス。

最近察しがよくなってきたかな。

気配を感じて逃げようとする(笑)







パパの料理塾7期生

パパの料理塾 7期生概要

7期生満員御礼。ありがとうございます。

次回は、10月9日(水)から開講する、

8期生となります。

近日中に募集開始しますので、受講希望の方は、

メールにてご連絡ください。

詳細決まり次第、優先してご連絡させていただきます。



 

トモショクProject推進中。

トモショクフラッグVer1000

会社で、団体で、個人で、トモショク宣言しませんか?

トモショクProject



<今後の予定>

8月30日(金) バジル料理ワークショップ@鳥取県

8月31日(土) パパ子トモショク料理教室@鳥取県境港

9月2日(月) 農林水産省食育推進評価専門会議



・働きながら家族と食事をするにはどうすればいいか。トモショク講演/研修を、ビストロパパ滝村雅晴が行っています。

・夫婦、共働き、夫、子どものための「料理シェア」講座

・料理教室講師/男性の家事参画

・働き方改革にからむ料理セミナーの実施

・講演/研修「パパが料理。社会を変える」などの講演
 *朝日新聞掲載記事参照

・メディア取材

・広報コンサルティング業務

 ビストロパパ社までお問い合わせください。



ビストロパパ10周年記念バナー190707

パパ用エプロン専門店 

Bistro Papa Online Shop