赤こんにゃく

滋賀名物 赤こんにゃく

熱湯に塩すこし入れて、赤こんにゃくを茹で、刺身に切って、わさび醤油で食べる。


さしみ


滋賀県の近江八幡で食べられている赤いこんにゃく。

赤い理由は、派手好きな織田信長が作らせるようになった説があるとか。

赤とめでたいため、正月のおせち料理で食べたことがあります。

赤色は三二酸化鉄という食品添加物で、食物繊維を豊富に含んでいるほか、カルシウムも豊富に含んでいるらしい。


マオ助が、こんにゃく好きで、つまんで食べていました。

普通のこんにゃくより舌触りがしっかりしていて、

生臭くもなく、ちょっとしたおつまみにいい感じです。


赤こんにゃくの刺身でトモショクでした。


次の、パパの料理塾の5分でおつまみ、これにしよう。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



今日は月に1度のアートの日。

IMG_3693

新宿TOHOシネマズで、天気の子を朝いちばんで見てきました。

結果的に、新宿で見ると、映画の世界に入れてとても臨場感がありますね。

元気になる、やるぞ!

ってなるいい映画でした。

綺麗な映像、と音。



IMG_3695

そしてお昼は念願の、じゃんがらラーメンに。

原宿。

何円前にに食べたのだろう。。。

あっさりトンコツなるものを食べて、

間違えた!って思ったけれど、

食べ終わって、あー、これぐらいで良かったと思う。

いい年になってきましたから、そんなにこってりしなくてもいいんだと発見。



IMG_3697

偶然、よさこいソーラン祭りをやっていて。

同じ衣裳を身にまとい、楽しそうでした。

衣裳は、着てみたいですねー。

着替える場所ないでしょうから、

みんなあのかっこで、ここまできたんじゃないのかなと。



IMG_3710

そして、高畑勲展に。

真央の好きな映画が、かぐや姫物語。


高畑監督が映画作りをするときの「テンションチャート」が興味深かったです。

知らない、工夫やノウハウ、徹底したこだわりが、

作品の中に詰まっている。

膨大な人の時間が欠けられています。

背景が1枚1枚、すべて芸術作品。

絵が上手な人は、世界中にいます。

そこに、プラスアルファ、何かが必要なんです。



IMG_3708

ハイジに会えました。

IMG_3701

IMG_3700


IMG_3702

真央、おいで!の写真笑


IMG_3711

料理写真が綺麗にとれる、写真アプリで。

3人で取り合い。

美味しかった。

パンダコパンダ

優梨香のお土産。

姉妹で大好きだった、パンダコパンダのパパンダ。

じつにいい〜


と、かなり充実のアートの日でした。