IMG_6378

名もなき料理 チャーハンのような料理


料理を作って、ブログにあげる。

皆に、作ってもらうきっかけになるように、レシピを書く。

そんなことを毎日続けて12年以上。


好きで料理作って、好きでブログを書いて。

でも、もう一度作ろうと思わない、いやできない、その場限りの料理っていうのが、本当は多い。

再現できるように、レシピ化できるように作るときと、本当に適当に作るときとがあって。

でも、適当に作ると、足し算をしすぎるので、味が濃くなりがちになるなー


今日のチャーハンは、実はいまいちだった。。。

梅生しょうがチャーハンを作るつもりだったのだけれど、ごはんの量が少なかったので、ちょっと酸味がきつすぎた。

そこに、しょうゆの量とのバランスがよくなくて、食べたい味にならなかったなー。


また、冷蔵庫の食材を使い切ろう!と、ついつい入れてしまうと、不思議な味に。


このチャーハンも、残っていたピーマン1個、中途半端なニラを刻んだ入れてみて。


最初は、梅生姜チャーハンからスタートしたのに、余計な野菜を入れたことで、味が迷走しだして。

なんとか落ち着かせたけれど、足しすぎ料理でした。


IMG_6382

この、名もなき料理に、味噌汁をつけたのですが。

今日は、シンプルに、ワカメと油揚げの味噌汁。

とっても相性がいい。


けれど、味噌汁も、残り野菜など入れて、具だくさん味噌汁にしがちで。

つい最近、具多めの味噌汁の評判が、家族にいまいちだった事実が発覚!

何が入っているか分からないようで、しかも具だくさんで。

その相性がいいかというと、残り物を入れているだけなので、相性よりも在庫処理が優先なので、作った本人は満足するけれど、食べる側にとってみれば、ごった煮な感じの味噌汁は、何がはいっているの?な感じなのでしょう。

うん、そうねー。わかるね。

あれも、名もなき汁物だったんだなーって。


味噌味なら、なんでも味噌汁かっていったら、そうでもない。

広い意味で味噌汁だけれど。

じゃあ、あえてその味噌汁明日も作りますか?

と聞かれたら、作らないし。

わざわざ同じ材料買ってきてつくらないし。


料理ブログや、レシピサイト、SNSでアップしている料理は、やっぱり見せ料理で、名前がある料理。

作ったボウルのままドーン!と出しているようなサラダなんかは、みなアップしないよね。

綺麗に整えるし。


家庭料理のほとんどが、実は「名もなき料理」。

奇跡の一品もできれば、在庫で作って、なんとなく、出来てしまう料理も数知れず。


でも、そんな料理が、食卓を支えているのです。

さて、明日も名もなき料理つくりますかね。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴





スライド6

パパの料理塾。

次回は、生春巻き&タコスパーティ―講座

12月26日(水)。

このタコス作って食べます!



来年1月9日(水)開講の5期も募集開始します!

ご希望の方は、早めにビストロパパ社にお問合せください。

詳細ご案内します。




詳細、申し込みは、パパの料理塾のHPをご覧ください。

パパ料理研究家|パパの料理塾主宰 滝村雅晴



<直近のイベント/メディア/主な業務スケジュール>

2018年

12月12日(水) パパの料理塾@4期5回目

12月15日(土) ひだまり大作戦

12月20日(木) 産経新聞連載掲載

12月25日(火) 日経新聞連載掲載

*2018年度の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。

*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。

*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop