IMG_6369

豚汁300人分作りイベント 無事終了

毎年、この季節に豚汁を地元の小中学校のPTA、先生、そして中学の生徒たちと、豚汁作りをしています。

地域活動の一環で、落ち葉やゴミを拾う活動って、焼き芋を食べるイベント。

そして、毎年豚汁を50円で販売しています。

今年も、見事に美味しい豚汁ができました!


やー、なんて楽しい。


IMG_6373

会場は、中学校の調理室。

僕は、もう地元の小中学校のPTAではないのですが、地域の繋がりということで、自分の楽しみとしても参加しています。

中学生の調理を協力してくれる女子学生とともに、今日の段取りを説明。

<下準備>
・野菜を洗う
・大根、拍子木切り
・にんじん、いちょう切り
・ごぼう、斜め切りして千切り
・じゃがいも、1.5センチ角ぐらいに切る
・こんにゃく、スプーンで1口サイズにちぎって下茹でする
・油揚げ、水あらいして小さく切る
・豆腐、奴に切る
・しょうが、すり下ろす
・白ねぎ、小口切り
*野菜は全てしっかり洗って皮ごと切る
*ほとんどゴミがでない

・豚小間切れ肉、熱湯で下茹でする

<調理>
・鍋を火にかけ、ごま油をいれて、ごぼう、にんじん、じゃがいも、だいこん、こんにゃく、を入れて炒める。

・熱湯を入れて、油揚げ、豆腐、豚肉を加えて火が通るまで茹でる。

・味噌、しょうゆで味付けをして味を調える。

・ねぎ、しょうが、ごま油をまわしかけして出来上がり。


IMG_6370

美味しかったねー

IMG_6372

具だくさん。

豆腐が多かったので、これは豆腐多め。

IMG_6374

外では、焼き芋を焼いて、まきストーブに、完成した寸胴鍋を保温中。

IMG_6376

IMG_6375

女子中学生が、つぎつぎにくる、街の清掃を手伝ってくれた人たちに、豚汁をよそう。

皆、マイお椀を持ってくるのがルール。

大きいお椀なら、ちょっとお得な感じ。

IMG_6377

僕も、焼き芋いただきました。

驚いの甘さ!

ねっとり、濃厚。

もはや、芋感がないぐらい。(思いっきり芋なんですけどね)


<おまけ>

IMG_6371

それでも、木綿豆腐がフライパン1つぐらい残ったので、炒り豆腐に。

材料:
木綿豆腐
しょうゆ

こしょう
ごま油

作り方:
1・木綿豆腐を奴に切る。

2・フライパンを火にかけごま油を入れて1を炒める。(水切りしておくと楽)水分が出てきたら一度捨て、水気が飛ぶまで炒め、醤油(メイン)、塩、こしょうを加えて炒める。

3・皿に盛り付け、軽く塩、ごま油をたらして出来上がり。


来年もまた作りに行きますねー

*何年か前の、大なべ豚汁作るときの、拘りポイント書いたブログこちら


パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴





スライド6

パパの料理塾。

次回は、生春巻き&タコスパーティ―講座

12月26日(水)。

このタコス作って食べます!



来年1月9日(水)開講の5期も募集開始します!

ご希望の方は、早めにビストロパパ社にお問合せください。

詳細ご案内します。




詳細、申し込みは、パパの料理塾のHPをご覧ください。

パパ料理研究家|パパの料理塾主宰 滝村雅晴



<直近のイベント/メディア/主な業務スケジュール>

2018年

12月12日(水) パパの料理塾@4期5回目

12月15日(土) ひだまり大作戦

12月20日(木) 産経新聞連載掲載

12月25日(火) 日経新聞連載掲載

*2018年度の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。

*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。

*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop