IMG_3537

日経新聞夕刊 2018年7月5日(木)

セカンドステージ

50代食生活の転換期「シニア時代を健康に」量や献立見直し

パパの料理塾取材 パパ料理研究家コメント



日経新聞の取材でコメントと、パパの料理塾の様子、塾生のあづまパパのコメントが掲載されています。

40代以上、特に50代から上の世代は、共働き、家事子育てを共にすることが当たり前な人は少ないでしょう。

料理もするかもしれないけれど、たまにやる、趣味でやる、やろうとすればやれるレベルで。

朝ごはん全部作り、子どもの弁当も作り、晩ごはんも作ってから飲みにでかける。

けれどフルタイムで働いている50代以上のシングルではない男性は希少価値。

30代、40代でも多くはないけれど、僕の周りには結構な人数います。

これからは、お互いいつでも、作れる側が作る家事分担は、とっても重要。


料理は楽しい。

趣味から入ってもいい。

その先に、日常の家庭料理という、趣味料理とは別のものがあることがわかり、そこまで辿りつくならば。

猫を育てるときも、遊ぶだけではなく、ごはんあげて、掃除してと、毎日の手間がかかります。お世話があって、猫と遊ぶことができます。

料理も買物の楽しさ、調理の楽しさの後には、かならず片づけや、ゴミ捨て、現状復帰がまっています。なぜなら、次に使う人がいるし、次の食事の準備があるから。

毎日するものだからこそ、いろんな技術や、テクニック、ノウハウを学ぶことで、楽に美味しく作ることができます。

料理で、一番つらいのが、「時間がかかる」「料理がまずい」。

その反対で、「時間がかからない」「美味しい」だと、また作りたくなる。

今から始める人たちは、独学で始めるより、習った方が断然早い。

だから、パパの料理塾を始めたのです。

料理を最短で楽しくなるための、料理塾。

7月11日(水)から3期生が始まります。

1回からの受講も大丈夫です。

直接仲間と習って、復習料理をつくり、苦手な料理の殻をやぶりましょう。

パパ料理研究家|パパの料理塾主宰 滝村雅晴



きょうのマリー


IMG_3536

ほんと、よく寝ますね。

いっしょに、とってもよく寝ました。

おかげでスッキリ。

おかげ様で、仲良しですよ。




DSC_4543

次の料理教室でこれを使うので、いろいろと試し中。




オーブン用で使うのも楽ちん。

燻製もできるんですよ。

明日、さらに本格的に使います。





パパの料理塾 3期生募集中です。

第1回:豚汁&土鍋で作るトウモロコシの炊き込みごはん。和食マスター講座+いのちの食卓/ 7月11日 (水)@麻布十番
3期生募集

スライド1

0期〜2期生で受講された方、全員が受けられる内容になっています。

月に1回は、受講して新たな料理ネタと共に、パパ仲間との交流を楽しんでください。

そして、何かあればいつでも滝村に相談ください。


パパの料理塾特徴180425

画像は、パパの料理塾2コンセプト×9バリュー。

申込みは、ビストロパパ社のホームページから。



<直近のイベント/メディア/主な業務スケジュール>

2018年

7月11日(水) パパの料理塾3期生 第1回@麻布十番 受講生募集中

7月18日(水) パパ料理会@旗の台

7月19日(木) 産経新聞連載コラム掲載

7月25日(水) パパの料理塾3期生 第2回@麻布十番 受講生募集中



*2018年度の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。

*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。

*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop