ツナ炒飯

今年初炒飯


今年も作りますよ。

炒飯。

好きなんですよ。

簡単だし。

初炒飯は、ツナ炒飯。

週1回は作ります。

これに、辛いラー油をかけて食べる。

今回もいい具合にパラリと仕上がりました。

★パパレシピ
材料:
ツナ缶(1缶)
卵(1個)
にんにく(2かけ)
油揚げ(1枚)
ピーマンU(1個)
白ねぎ(1/2本)
ごはん(茶碗3杯分ほど)
オリーブオイル(大さじ1.5)

A
 酒(大さじ2)
 塩(少々)
 粗挽きこしょう(少々)
 五香粉(少々)
 しょうゆ(大さじ1〜)

作り方:
1・にんにく薄切り。ピーマン半分に切って薄切り。油揚げは刻む。白ねぎ縦十字に切って小口切り。

2・フライパンにオリーブオイルとにんにく入れて火にかけ香りたったら、あったかいごはんと、溶き卵入れて手早く炒める。ツナ缶オイルごと入れて、油揚げ、ピーマン、ねぎを加えて強火で炒める。Aを加えて炒めて出来上がり。


アト辛おとな味:
・辣油

子手伝い:
・卵割る

ツナ炒飯アップ

最近定番のツナ炒飯。

梅干も、京都の母に調達してもらって手に入ったので、今後は久しぶりに梅生姜炒飯にしようかな。

パパ料理研究家|パパの料理塾 主宰 滝村雅晴




1月17日(水)開講の、パパの料理塾1期生も募集中です。



1期生募集中

パパの料理塾 1期生 2018年1月〜3月 全6回

募集開始



包丁の持ち方から学べる、パパの料理塾。

料理初心者が、2週間で学んだ料理を、家で作ることができ、

1カ月で、妻や子どもから、もう一度食べたいとリクエストが出てきて、

3カ月すれば、パパ料理は習慣化します。

復習料理は、進捗チェックシート「サライ」で管理します。

0期生第3回目のチェックシートのサンプルをご覧ください。


パパの料理塾5W1Hメソッド:気づきから、習慣化まで 

1・気づき →Whoパパが。Why料理をするのか。食卓を囲む回数が有限なのか。男性・父親が料理をすることの本質に気づきを得る。 

2・理解  →Howどうやったら料理が作れるのか基本と公式を料理塾で学ぶ。 

3・実践  →Whatパパ料理レシピの作り方を見て食べて味を知り作る。実習時に取り合ったプロセスフォトは受講生で共有。 

4・行動  →Where自宅キッチンで復習料理を作り家族に食べてもらい評価を受ける。 

5・習慣化 →When受講後2週間以内に。復習料理を作ったらSNSで共有。講師と仲間からフィードバックを受けモチベーションアップと習慣化につなげる。


全6回の詳細は、ビストロパパ社のホームページをご覧ください。



ご参加希望の方は、ビストロパパ社までお申込みください!

申込みが入ってきています。

まだ受講枠ございます。お申込みお待ちしております。


■詳細/申込方法 

株式会社ビストロパパ社ホームページからメールにて申込み



<直近のイベント/メディア/主な業務スケジュール>

2018年

1月7日(日) 優梨香七回忌

1月8日(月) 講座@麻生市民会館

1月13日(土) 両親学級@牛込保健センター

1月17日(水) パパの料理塾1期生 第1回

1月19日(金) 茨城県食育講演@水戸市

1月22日(月) 実演&講演@上作延小学校

1月24日(水) 新パパ放題@旗の台

1月27日(土) パパ子料理教室@横須賀


*2017年〜2018年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。

*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。

*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop