とうもろこしごはん

夏の大ヒット炊き込みごはん

トウモロコシの炊き込みごはん



これがね〜

美味しくてね〜

美味しいトウモロコシが売っていたら、作ってくださいね。

いただきます。

★パパレシピ(3〜4人分|25分)
材料:
トウモロコシ(3本)
米(3合)
出汁こんぶ(1枚)

A
 水(3合 540CC)
 塩(小さじ1.5)
 酒(大さじ3)

バター(適量)

作り方:
1・トウモロコシを半分に切り、身をすべてそぎ落とす。

2・米を洗い鍋に入れAを加えて混ぜ、昆布をのせる。トウモロコシ、トウモロコシの芯を入れて混ぜないでそのまま蓋をして強火にかける。沸騰したら弱火にして13分。10分蒸らして蓋をあけ、芯と昆布を取り出し天地返しをして混ぜ合わせて出来上がり。好みで溶かしバターかける。

アト辛おとな味:
・黒七味

子手伝い:
・トウモロコシの皮を剥く

甘いトウモロコシだと、抜群に美味い。

また、溶かしバターをかけて食べてみてください。

バターとコーンは相性ばっちり。

洋風になった、これまたうまいのです。


鍋で炊いていますが、炊飯器でもOK。

さて、トウモロコシが手に入ったら、炊き込みごはんですよ。

ご馳走様でした。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴





欽ちゃんの、「運」本3部作の2巻目。

萩本欽一さんが、しゃべった言葉をライターさんが文章にしているのでしょうね。

あっとうまに読めてしまいます。


3部作、面白かった。

欽ちゃん世代ですからね。

コント55号は知りませんが。


欽ドン世代かな。

徹底して「運」を大切にする欽ちゃん。


読むと元気になりますね。

運との付き合い方も分かります。

ありがとう!欽ちゃん。



今日は、旗の台でパパ料理作り。

腰もなんとか大丈夫かな。





<直近のイベント/メディア/主な業務スケジュール>

2017年

8月9日(水) 異業種パパ交流会兼パパ料理会@旗の台

8月14日(月) 地域人地知志食取材@大阪|コミカレOSAKA講演

8月18日(金) 山形出張 

8月19日(土) パパ子料理教室&講演@山形市

*2017年〜2018年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop