真夏の炒飯

真夏の炒飯とナスの味噌汁


ごはんに汁物。

定番すぎるけれど、飽きないから作ります。

夏のナスの味噌汁うまいですね〜

炒飯にぴったり。


今日の冷ごはんも、炒飯向けでいい具合にパラパラに仕上がりました。


DSC_9411

★いただきますパパレシピ
材料:
ごはん(茶碗3杯分ぐらい)
しょうが(1かけ)
卵(1個)
ハム(4枚)
白ねぎ(1本)
油揚げ(1枚)
オリーブオイル(大さじ1.5)

塩(小さじ1/2〜)
粗挽きこしょう(適量)

A
 しょうゆ(大さじ1.5〜)
 酒(大さじ1.5)
 五香粉(少々)

かつお節(少々)

作り方:
1・しょうがみじん切り。卵割りとく。ハム小さく切る。白ねぎ粗みじん切り。油揚げ小さく刻む。

2・フライパンにオリーブオイル、しょうが入れて火にかけ香りたったら、温かいごはんを入れ上から卵をかけて強火で手早く炒める。ネギ、ハム、塩、粗挽きこしょうを加えて炒める。油揚げ、かつお節加えて炒め、Aを加えて炒めて出来上がり。

アト辛おとな味:
・ラー油

子手伝い:
・よそう

味噌汁

ナスと絹豆腐の味噌汁。

ナスが味噌汁をすってうまいなぁ〜

ちょっと遅めの休日の朝ごはん。

グリーンカーテンからそそぐ、太陽の光を浴びながら、美味しくいただきました。

ご馳走さまでした。

パパ料理研究家|日本パパ料理協会会長飯士 滝村雅晴





岳飛伝2巻目。

やっぱり、夢中になってスラスラ読み進めてしまう。

これが、物語小説の面白さ。

気が付いたら、時間がたっていた。

ページが無くなってきたって本を、もっと読みたい。

読む前に、出会わないといけない。

もう一度、鬼平犯科帳読み直そうかな。


決定版 鬼平犯科帳 (1) (文春文庫)
池波 正太郎
文藝春秋
2016-12-31


どうしても、歴史ものがいいんですよね。

現代を舞台にした小説になかなかハマらないというか、出会ってないというか。

あと、司馬遼太郎さんの本。

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)
司馬 遼太郎
文藝春秋
1998-09-10


で、浅田次郎さん。

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)
浅田 次郎
講談社
2004-10-15


浅田次郎さんの、



プリズンホテルは面白かった。

歴史小説ではないけれど。




北方謙三

池波正太郎

司馬遼太郎

浅田次郎


この4名が、僕の好きな作家さん。

しばらくは、岳飛伝で楽しめそう。



<直近のイベント/メディア/主な業務スケジュール>

2017年

8月9日(水) 異業種パパ交流会兼パパ料理会@旗の台

8月14日(月) 地域人地知志食取材@大阪|コミカレOSAKA講演

8月18日(金) 山形出張 

8月19日(土) パパ子料理教室&講演@山形市

*2017年〜2018年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop