2017-06-10-20-47-05


アウトドアでフライパンで作ろう!

アサリのビールパエリア



やー、上手に炊けた!

フライパンでパエリア。

薪を炊いて、直火で。

美味しかったなー

家でもつくろ。


★パパレシピ
材料:
アサリ(1パック)
ピーマン(3個)
パプリカ(1個)
ミニトマト(8個)
にんにく(2かけ)
タマネギ(1個)
しめじ(1パック)
鶏もも肉(2枚)

米(2合)

サラダ油(大さじ4)

塩(小さじ1)
粗挽きこしょう(少々)
コンソメスープの素(少々)


A
 ビール(400CC)
 水(50CC)

作り方:
1・アサリ砂抜き。タマネギみじん切り。ピーマン、パプリカ薄切り。ミニトマト半分。にんにく薄切り。しめじはいしづきを切ってばらす。鶏もも肉1センチぐらいに切る。

2・フライパンを火にかけ、油、にんにくを入れて香りたったら、玉ねぎ、鶏肉を炒める。塩、こしょうを加える。米を洗わずに入れて火にかけ透き通ってきたらAを加え、アサリ、ピーマン、パプリカ、しめじ、ミニトマトをトッピングして、アルミホイルで蓋をする。15分ほど火にかけたら、火からはなして10分ほど蒸らして出来上がり。

アト辛おとな味:
・ビール

子手伝い:
・トッピング

炊きあがりは、香りで判断。

底がカリカリになるまで火にかければ大丈夫。

大満足な仕上がりでした。


パエリアパパ

鉄のフライパンで豪快に炊き上げました。

あー、これは楽しかった。

いろんなパエリア作れるね〜

飯盒の蓋が、丸サイズの5合炊きで、2合だったと思うんですよね。

3合だと、水600CC入れないといけないけれど、紙コップ2杯しかいれてないので、多分2合。

米の1.1〜1.2倍ぐらいの水分でちょうどなので、そんな具合で。

ビールで炊いた、パエリアが、少し苦味がでて、いい味になるんですよ。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



一澤信三郎帆布コラボエプロン誕生ストーリー

お父さん専用エプロン。

京都一澤信三郎帆布×ビストロパパ コラボエプロン

2サイズ9カラー。

6月18日(日)は父の日。

Bistro Papa Online Shop

一澤信三郎帆布コラボエプロン






<直近のイベント/メディア/主な業務スケジュール>


2017年

6月20日(火) パパ料理講演@新潟

6月23日(金) プレミアム・オイスターイベント

*2017年〜2018年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop