明太チャーハン

明太子チャーハン


スーパーで、明太子がお買い得品でした。

買いましょう。

さて、明太子と言えば、パスタかな。

しめじ買って、レンコン買って、水菜買ってきて。


家に帰ってきたらマオ助に、パスタかチャーハンどちらがいいか聞くと、パスタでした。

そんな気もしたのですが、ごはんがあったので、明太子チャーハンに。

ちょっと小麦粉気分ではなかったので。

 
★パパレシピ(3人分|15分)
材料:
明太子(3はら)
にんにく(4個)
卵(2個)
水菜(1株)
ねぎ(1/2本)
わけぎ(2本)
れんこん(1節)
しめじ(1/2パック)

ごはん(どんぶり1杯ほど)

オリーブオイル(大さじ1.5)

A
 塩(少々)
 粗挽きこしょう(少々)
 鶏がらスープのもと(少々)

しょうゆ(小さじ2〜)

作り方:
 1・にんにく、れんこんスライス。ねぎ、わけぎ小口切り。卵とく。明太子4等分。水菜ざく切り。

2・フライパンに、オリーブオイルとにんにく入れ火にかけ香りたったら、れんこん入れて炒める。ごはん、卵入れて手早く炒め、 ねぎ、小ねぎ、しめじを入れAを加えて強火で炒める。明太子を入れて混ざるまで炒め、しょうゆを回しかけし、水菜を入れてさっと炒めたら出来上がり。

3・皿に2をもりつけ、麺たこをひとはらのせる。

アト辛おとな味:
・辣油

子手伝い:
・明太子のせる


明太子炒飯

にんにくたっぷり。

明太子味チャーハン楽しみました。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



この週末は原稿書き。

まとまった時間がないと、集中して原稿は書けません。

作家、漫画家の方はすごいと思います。

書くためには、いろんな準備が必要です。

集中力を高める工夫も大切です。


続けることがなにより大変ですからね。

けれど、まとまった文章を書く訓練は、自分にとって力になる仕事なので、感謝して書かせてもらっています。

そして、なんとか出来上がったので、気になっていた金魚の水槽の掃除をしました。

今回は金魚をバケツに写し、水槽ごと掃除。

やー、きれいになった。

時間ができると掃除かギターひくことが、リフレッシュの時間です。


金魚

立派な金魚に育ちました。

もう3年ほど生きてるかな。

今年4年目?

金魚2

透明感たっぷりで、金魚も良く見える。

アクアリウムも始めたいなと思いながら、あまり手を広げすぎると、大変なので、まずは今の金魚のその水槽で育てる藻(といっても、金魚が食べてなくなり定期的に買うのですが)で楽しもうかと。

次、違う藻にしよう。

金魚、じっとみてるの楽しいです。



<直近のイベント/メディア/主な業務スケジュール>


2017年

5月1日(月) 子育てmiku撮影

5月10日(水) 地域人21号発売


*2017年〜2018年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop