卵豆腐丼

豆腐玉子丼

最近、鶏料理が多いので、今はこっちのほうが好き。

★パパレシピ(3人分|20分)
材料:
絹豆腐(1丁)
卵(3個)
小松菜(3〜4株)
ごはん(適量)

A
 水(200CC)
 出汁こんぶ(1枚)
 かつお節(少々)

B
 しょうゆ(大4)
 みりん(大2)
 酒(大2)
 砂糖(大2)

ご飯(適量)

作り方:
1・豆腐を奴に切る。卵は割り溶いておく。小松菜はざく切り。

2・フライパンにAと豆腐、小松菜を加え蓋をして火にかける。煮立ったらBを加えて火が通るまで5〜7分煮る。

3・溶き卵の半分を、2のフライパンに回しがけし、少し固まったぐらいで、残りも回しがけし、火を止めてさっとかき混ぜ蓋をして蒸らす。好みの半熟になった段階で出来上がり。

4・ご飯を器によそい、お玉で具と汁をすくって、ご飯にかける。

アト辛おとな味:
・山椒

子手伝い:
・卵を割る。
・卵を溶く。


近所で買う木綿豆腐が結構お気に入り。

木綿ほど固くなく、絹ほど柔らかくない木綿豆腐。

この感触が、いろんな料理につかえて美味。

豆腐料理はあきませんね。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴





こまったら、東城先生の自然療法。

自然の恵みと力で、病気を食事療法と手当で直す知恵と知識が詰まった一冊。

体の調子が悪くなったら、この本をめくって試します。


今の僕は、

大根おろしに醤油。

番茶に梅干し。

これが必要かなと。


あと、よく噛む。

これは永遠のテーマです。


これから、より一層健康に気を付けます。

楽しく健康づくり。



<直近のイベント/メディア/主な業務スケジュール>


2017年

5月1日(月) 子育てmiku撮影

5月10日(水) 地域人21号発売


*2017年〜2018年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop