牡蠣フライ

牡蠣フライ2017


今年は、早々にお家でカキフライ。

どうしても、スーパーで買ってくるむき身だと、小さくて食べごたえがなく、衣を二重にして、揚げたこともありました。

今回は違います。

THEカキフライ!

というぐらい、ぷりぷりで大きい。

もともと、殻付き生牡蠣として食べられる牡蠣を、蒸し牡蠣にして開けた身に、薄力粉→卵→パン粉をつけて、180度の油で揚げました。

蒸してあるので、衣が揚がれば大丈夫。

堪能しました。

そうそう。

殻付き牡蠣は、蒸すとすぐに口が開き、開けやすくなります。

一気に、むき身にしてから、牡蠣フライにすると楽ちんです!

★パパレシピ
材料:
殻付き牡蠣(適量)
水(100〜150CC)
酒(50〜100CC)

揚げ油

薄力粉(適量)
卵(1〜2個)
パン粉(適量)

A
 ウスターソース(適量)
 ケチャップ(適量)

作り方:
1・洗った牡蠣をフライパンに膨らんだほうを下に並べて、水、酒を入れて蓋をし火にかける。7〜8分ほど蒸し焼きにして、牡蠣の口が少しあいたら火をとめる。ナイフで貝柱を切り、牡蠣の身をすべて取り出す。

2・1の牡蠣を、薄力粉、溶き卵、パン粉をつけて、180度の揚げ油にいれる。衣が揚がったら取り出す。Aの合わせソースをつけて食べる。

アト辛おとな味:
・からし

子手伝い:
・パン粉をふりかける



殻付き生牡蠣を、生で、蒸して、揚げて食べてたっぷり味わいました。

ん〜、牡蠣フライがいいなぁ。

他にも、揚げ物作って、揚げ祭りを楽しみましょう。

今回は、ひと口カツもあげて、牡蠣フライ&トンカツという、贅沢な夕飯となりました。

パパ料理研究家|日本パパ料理協会会長飯士 滝村雅晴




海男×47fishで販売している、最高に美味しくて、安心・安全に食べてもらえる殻付き牡蠣の販売はこちらから。

産地直送で、新鮮殻付き牡蠣をお届けしています。

海男×47fishオンラインストア





FB_cover

2017年1月28日(土)公開映画「恋妻家宮本」×日本パパ料理協会

コラボ企画 恋妻家料理のススメ

公式Faceboook

公式インスタグラム

日本パパ料理協会パパ飯士たちの、恋妻家料理ご覧ください。




<直近のイベント/メディア/主な業務スケジュール>


2017年

1月12日(木) 優梨香命日 5年

1月14日(土) 両親学級@落合保険センター

1月21日(土) 男女共同参画講演@静岡県富士市

1月28日(土) パパ子料理教室@横須賀市

1月28日(土)〜30日(月) 長崎県五島列島視察@47fish

2月5日(日) ジャンケンクッキング@児童養護施設小百合の寮

2月11日(土) パパ子料理教室@茂原市

2月12日(日) NTTグループ労組料理研修@きゅりあん

2月18日(土) 食育講演@長崎県

*2017年〜2018年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop