鮭のちゃんちゃ焼き

鮭のちゃんちゃ焼き


塩した鮭ではなく、生の秋鮭が出回る季節。

綺麗な色した鮭が魚屋さんに並んでいます。

さすがに、鮭を丸ごと買ってさばいて食べる一般家庭はないでしょう。

切身で買って、お家で調理します。


魚のさばき方を、マスターしたい人は、どんどん腕をあげていけばいい。

必ずしも、料理をする時に必須のリテラシーではありません。

鶏一匹締めてさばくことなんてできませんし、する必要もありませんから。


海山川の恵みに感謝し、毎日美味しく食卓でごはんが食べられればいい。

料理するのが嫌にならないように。

★パパレシピ(3〜4人分|20分)
材料:
秋鮭(3切れ 切身)
キャベツ(1/4カット)
タマネギ(1/2個)
ニンジン(1本)
ピーマン(1個)
えのきだけ(1/2束)
しめじ(1/2束)
長ネギ(1/2本)
バター(大さじ2)

オリーブオイル(大さじ1)

A
 味噌(大さじ3)
 本みりん(大さじ1)
 ゆず胡椒(少々)

白すりごま(適量)


作り方:
1・Aと、ざく切りした長ネギを和える。 秋鮭は4等分ぐらいに切る。

2・キャベツ、タマネギ、ニンジン、しめじ、えのきだけを、できるだけ同じ大きさになるように切り、混ぜる。

3・フライパンを火にかけ熱くなったらオリーブオイルを入れ、身の部分を軽く焼いてから皮をしっかり焼いて戻して火を弱める。

4・3の上に2をのせ、1の合わせ味噌を散らし、真ん中にバターを置く。蓋をして弱めの中火で蒸し焼きにする。野菜がしんなりしたら蓋をとって鮭と一緒に混ぜて炒めて出来上がり。皿に盛り付け、白すりごまをふりかける。


アト辛おとな味:
・柚子こしょう
・七味

子手伝い:
・野菜を混ぜる


そろそろ新米が出回るころ。

炊きたてごはんの上にのせて食べると美味しいだろうなあ。

ちなみに、我が家は玄米を精米して5分付きのお米を炊いて美味しくいただいています。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



47fishでいっしょに仕事をしている、上田勝彦さんことウエカツさんの結婚パーティーで、沖縄に行ってきました。

R0054556

自ら腕を振るって、美味しい料理の数々を食べさせてくれたウエカツさん。

おめでとうございます!

R0054579

ウエカツさん、大谷さんと帰り際に記念撮影。


読谷村の海辺の小さなホテル「海の邦 都屋」

2016-09-25-10-14-30


2016-09-25-09-36-08

食堂からの景色。

目の前はプライベートピーチ。

R0054566

とっても綺麗。

R0054575

朝は潮が引いて、岩場が現れ、小魚やヤドカリに出会えます。

妻とマオ助は、貝殻と箸置きに使えそうな珊瑚拾い。


西側の海岸なので、夕日がとても綺麗。

R0054549

初めて、沖縄の綺麗な海に出会えました。

もっと日にちとって、ゆっくり過ごしたいところです。

帰ってくると、沖縄好きになっているのに気づきます。

また、みんなで行こうね。



<直近のイベント/メディア/業務スケジュール>


9月30日(金) お取り寄せネット審査

10月1日(土) 両親学級講師@東新宿

10月9日(日) パパ料理教室@さいわいパパクラブ


*2016年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop