なす万願寺煮物

万願寺とうがらしとナスの煮物


FJツアー合宿で途中寄り道した、パノラマの湯前で買った野菜。

地元の道の駅、産直売場はいい。

100円〜150円で、新鮮野菜が買い放題。


採れたてを買うから、日持ちもする。

自分で育てて、収穫してわかること。

野菜は、結構日持ちするのだということ。


スーパーで買う生鮮野菜に、消費期限はありません。

買った人の自己判断です。

だからこそ、お店の目利きを信頼するしかないのですよね。

そんな小売り、スーパーが、結局支持される時代になっていくのでしょう。

★パパレシピ
材料:
万願寺とうがらし(5〜6本)
ナス(3本)
しょうが(1/2かけ)

A
 カツオと昆布の出汁(500CC)
 うすくち醤油(大さじ4)
 本みりん(大さじ4)

作り方:
1・万願寺とうがらしは斜め切り3等分。ナスは8〜10等分。

2・鍋にAと1を入れて蓋をして火にかける。沸騰したら中火で煮込み火を止める。

3・2を器によそい、生姜をすりおろしたら出来上がり。

アト辛おとな味:
・生七味

子手伝い:
・野菜洗う

翌日、さらにくたくたになって美味しくなる煮物。

これから季節ですね。

マオ助が、頑張って万願寺とうがらし食べていましたよ。

苦手そうに。

ナスは食べられるんだって。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



リボベジ。

買ってきた食用ミント。

水につけた後、プランターに植えて栽培。

2本だけ、根をはりそのまま増殖。

今年の夏、ミントウォーターを楽しませてくれました。

その後も、増えつづけ。。。

ミント畑

育ち放題。

生命力強い。

ひと苗だけ、バジルが混じっていますが、青虫に食べられ小さくなってしまいました。

パセリは枯れました。

ミントが育ちすぎってこともあるかもしれません。


ちょっと、伸びてきているのが、ネギ。

以前植えていた根がまた生えてきたようです。

(食べていないので、ネギじゃないかも。。。)


さて、このミント畑。

越冬するのでしょうか。


他に違うもの育てるか。

ハーブでいいのがあるか探してみます。



<直近のイベント/メディア/業務スケジュール>


9月30日(金) お取り寄せネット審査

10月1日(土) 両親学級講師@東新宿

10月9日(日) パパ料理教室@さいわいパパクラブ


*2016年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop