シイラの湯煮

しいらの湯煮



マヒマヒことしいら。

白身魚。

鍋に水を入れ酒を50CCほど加えて、しいら(白身魚)をぶつ切りにして煮立てないように煮る。

湯で煮るから、湯煮。

鍋に、好みの野菜を入れる。

この日は、水菜としめじ。

火が通ったら、器によそい、ポン酢などかけて食べる。

どんな魚でもOK。

煮立てないことで、魚のうまみを味わえる一品です。


パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



ばっさり、本を捨てました。(まだ廊下にありますが)

厳密んは、捨てずに売りますが。

気持ちいいぐらい。

手持ちの1/3ぐらいまで。

まだ、捨てられる。


この1年ぐらいで、かなり本が増え、本棚に入りきらず仕事部屋の床に積み上げられていました。

新しい本棚買わないといけないかな。。。

と、考えていたのですが、買う前にあるスペースでやりくりできることに気付きました。

本を手放せばいいだけ。


さて、どんな基準で捨てるか。

ぱらぱらと読んでみて、頭に入ってこない。

時間があっても、今読みたい欲求がない。

もらって読まなかった。

自分で読みたくて買って、読み終わらなかった本も捨てました。

また読みたくなったら買う方針を決めたら、あれよあれよと捨てられるようになりました。


あと、新しい家具を買い替えるのもありですね。

そのタイミングで、模様変えをするので、そのタイミングでいらないものを捨てる。

家にあるものの、半分以上は、実はなくても生活に支障がないんですよね。

もっともっと手放そう。



考え続けよう。



人を取材しよう。



<直近のイベント/メディア/業務スケジュール>


9月15日(木) 地域人取材@渋谷

*2016年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop