もさ海老

鳥取県境港のモサエビの一夜干し



鮮度の劣化が早いため、鳥取県の境港など地元でしか味わえないと言われている、幻のエビ。

モサエビ。

僕は、47fishの仕事を通して、干物で味わいました。

もさ海老グリル

干物は焼き加減が大事。

タイマーに任せず、初めて焼くときはこまめにチェックしたほうがいい。

火加減次第。

エビ好きなので、ガブリとのこさず食べますが、マオ助には、ちょっとハードだったかな。

全国有数の水揚げを誇る鳥取県。

仕事ではまだ訪れていないので、近いうちに行きたいところ。

好みの干物が冷蔵庫にあると、ホットする今日この頃。


そのほか、切り身の魚を塩して冷凍してあるものが、まだあるので、この土日は、家庭内鮮魚祭りでもやろうかなと。

パパ料理研究家|47fish滝村雅晴



そんなモサエビの干物は、47fishオンラインストアで、絶賛販売中。

47fishオンラインストア

田手水産

● 

<直近のイベント/メディア/業務スケジュール>

7月29日(金) 47fish取扱い商品撮影

8月1日(月) 子育てmiku撮影

8月4日(木) 地域人取材@埼玉

*2016年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop