ゆりかオムライス

手作りトマトソースで食べる、ゆりかオムライス



今日5月12日は、優梨香お姉ちゃんの誕生日。

本当なら13歳。

僕がパパになって13年。


優梨香の大好きだったオムライスを作りました。

今までで、一番美味しいオムライスだったかも。


お姉ちゃん、パパのオムライス、まだまだ美味しくなるよ。

★パパレシピ
材料:
鶏もも肉(1枚)
玉ねぎ(1/2個 *大玉ねぎ)
にんにく(2かけ)
ごはん(300g程度)

塩(小さじ1/2〜)
粗挽きこしょう(少々)

オリーブオイル(大さじ1)
白ワイン(大さじ2)

ケチャップ(大さじ4〜)
しょうゆ(小さじ1)


バター(大さじ1)×3

A×3
 卵(2個)
 牛乳(大さじ2)
 塩(少々)

トマト(4個)
バター(大さじ1.5)
赤ワイン(50CC)
塩(小さじ1/2〜)
こしょう(少々)
ケチャップ(大さじ1)
しょうゆ(少々)

作り方:
1・玉ねぎ粗みじん切り。にんにくスライス。鶏もも肉、皮とって1口サイズにし、塩、粗挽きこしょう(分量外)をかけてもむ。

2・フライパンに、オリーブオイル、にんにく、玉ねぎを加えて炒め、鶏肉を加えて炒める。火が通ったら白ワインを加えて煮詰め、塩、粗ひきこしょうで味付けする。ごはんを加えて手早く炒め、ケチャップ醤油で味付けし、ボウルに取り出す。

3・フライパンにバター(大さじ1)を加えて加熱し、ボウルで混ぜ合わせたAを1セットながしいれ、軽く菜箸で卵をかきまぜたら、スプーンで2のライスを真ん中にのせる。フライパンの持ち手を挙げて奥にすべらし、ひっくり返して皿にのせる。キッチンペーパーをかぶせて形を整える。

4・フライパンにバターを入れて火にかけ、ざく切りにしたトマトを加えて炒め、赤ワインを加えて蓋をして煮詰め、蓋をとり煮詰めたあと、塩、こしょう、ケチャップ、しょうゆを加えて味を調える。オムライスにかけて出来上がり。


アト辛おとな味:
・赤ワイン

子手伝い:
・トマトソースかける。


ホールトマト缶でもなく、ケチャップでもなく、フレッシュトマトから作るソースは最高ですね。

ぐーーーーーんと、オムライスの味がアップしました。

きっと、優梨香も喜んでいることでしょう。


いい誕生日になりました。

パパ料理研究家 滝村雅晴



優梨香のお花など、ありがとうございました。

パクチーサラダ最高でした。

パクチー育てて、家で作ります。



パパから、優梨香への誕生日プレゼント。



と、言う名のマオ助のプレゼント。

僕も、漫画で日本の歴史覚えました。

角川の新しい版、絵も今風になり、小さくなって持ち運びしやすく、ソフトカバーになって。

なかなか、いい感じ。

で、僕も読み直して勉強しなおします。



<直近のイベント/メディア/業務スケジュール>

5月12日(木) 優梨香Birthday 

5月13日(金) PTA総会

5月14日(土) パパ子料理教室@目黒区 東山社会教育会館

5月21日(土) 小学校運動会


*2016年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop