鰻玉丼2

ふわふわ玉子のうな玉子丼


うなぎはいいですな。

ただ、やっぱり高い。

子どものころ、もっと気軽に食べていたように思います。

外でも、高いけれど、年に何回か食べていたような。


いま、外でも食べないし、家でも「今日はうなぎかな」って選択肢が減りましたね。

もっと食べたい。。。


お腹いっぱい食べるには、うな丼では、もったいない。

うな玉子丼にしましょう。

★パパレシピ(3〜4人分|30分)
材料:
うなぎのかば焼き(1枚)
玉ねぎ(1個)
三つ葉(1株)
卵(4個)

A
 昆布とかつお出汁(200CC)
 しょうゆ(大さじ2)
 みりん(大2)
 酒(大さじ1)
 砂糖(大さじ1)
 粉さんしょう(好み)

ごはん(適量)

作り方:
1・玉ネギを半分に切り、薄切りにする、うなぎを、たてにきり、2センチ幅にきる。三つ葉は、2〜3センチぐらいに切る。

2・Aを混ぜ合わせてフライパンに玉ネギを入れ蓋をして煮込む。5分ほどしたら、うなぎを加え1〜2分煮込み、溶いた卵をまわしがけし、三つ葉を加えて蓋をし1分ほど蒸らしたら器にごはんと具を盛り付けて出来上がり。好みで山椒をかける。

アト辛おとな味:
・飛騨山椒

子手伝い:
・卵割る


ご炊きたて、挽きたてがいいですね。

毎日ごはんがうまい。

ごはんと、魚の相性って、とてもいい。


焼き魚にもあうし。

天丼にもあうし。

うな丼もいいし。


しっかりよくかむとごはんはとっても甘くなる。


今日は、6分づきで精米しました。

普通に炊けますね。

次は5分づきにしようかな。

新米が楽しみ。

パパ料理研究家|日本パパ料理協会会長飯士 滝村雅晴 



ピクチャー

平成27年度第1回国産物流通促進事業シンポジウムで、

「パパ料理で家族も幸せ、みんな健康に!〜魚屋さんに買い物にいこう!〜」

セミナーで、基調講演とパネラーをしてきました。


料理をしなかった僕が、優梨香が生まれて初めてから、パパ料理に気づき、健康料理になり、和食料理、魚食生活になっていった話をしてきました。

お肉ももちろん食べますよ。

普通に。

パスタも、お好み焼きも、ハンバーグも、なんでも食べます。

けれど、朝食和食を中心に、料理を作り、その間にカタカナ料理を作っている感じが最近するような。


ごはんと魚の美味しさ、もっと探します。





こんな料理教室してみたいな。。。



ちょっと、新しいディスポーザー、気に入ってきたかも。

ちょっと。



<直近のイベント/メディア/業務スケジュール>

2015年

9月10日(木) 
地域人 第1号 [大型本] 創刊|ビストロパパ連載企画掲載

9月11日(金) 魚を食べようシンポジウム登壇

9月13日(日) パパ子料理教室@幸区


*2015年度の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop