ゴーヤチャンプルー (2)

ちょいナンプラー入り ゴーヤチャンプルー


ラストサマーチャンプルーでしょうか。

ゴーヤの苦味を楽しむ大人味。


マオ助は、ゴーヤをぬって、豚肉、玉子、豆腐を楽しみます。


今年2回目のブログでの紹介。


パパ料理は、家庭料理。

なんども作るお家の定番メニューこそ、パパ料理。


ゴーヤチャンプーは、この時期本当に良く作って、ブログにも書いていますね。

ビストロパパ ゴーヤチャンプルー 

で画像検索すると、いっぱい出てきます。


今日は、味付けに、しょうゆと、ちょっとナンプラーを入れて作りました。


木綿豆腐は1丁たっぷりあると食べ応えがあっていい。

★パパレシピ
材料:
ゴーヤ(1本)
木綿豆腐(1丁)
卵(1個)
豚小間切れ肉(100g)

塩(少々)
粗挽きこしょう(少々)

しょうゆ(大さじ1弱)
ナンプラー(小1)

ごま油(大さじ1)
かつお節(1つかみ)

作り方:
1・ゴーヤは縦半分に切り綿をとって7mmぐらいに切り塩加えてもむ。木綿豆腐は等分。肉に軽く塩、こしょうふる。

2・フライパンにごま油入れて火にかけ、熱くなったらゴーヤ、豚肉の順に入れて炒め火が通ったら、木綿豆腐加えて炒める。焼き色がついたら、卵、かつお節を加えて炒め、しょうゆ、ナンプラー加えて炒めて出来上がり。

アト辛おとな味:
・これでいい

子手伝い:
・ゴーヤを塩でもむ


ナンプラーをちょい加えるのが好き。

ご馳走様でした。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



今日は、内閣府で食育推進評価専門委員会。

内閣府

第3次食育推進基本計画の策定です。

2013年12月に、食育推進会議専門委員に任命され、国の食育推進計画の策定の場に参加しています。

まもなく2年ですが、こうして参加し、議論を聞き、発言したりすることで、どのように食育の計画が決まっていくのか、わかるとても貴重な経験をしています。

何事もそうですが、通年参加し、経験することで、見えてくるものがあります。

会社経営も、

子育ても、

PTAも、

マンション理事会運営も、

新しい学びも。


1年、2年、3年。

やっぱり3年は腰を据えてやらないと。

で、本物になるには5年。

真のプロになるには、その道10年でしょうか。


50歳から、新たに始めて、80歳まで、あと3つぐらいプロになれるジャンルを増やすぐらいの人生にしたいなと思いますね。

で、食育推進会議。


僕は、引き続き「共食」おしで、世に伝え、広げていきます。



<直近のイベント/メディア/業務スケジュール>

2015年

8月28日(金) 内閣府食育推進会議専門委員会


*2015年度の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop