味付け玉子

味付け玉子

煮玉子って書こうとおもったけど、煮てないやん、、、と気づいて味付け玉子。

そんなにしみ込んでへんやん、、、は、2時間足らずで晩ごはんで食べたから。

明日美味しくなってるかな〜


★パパレシピ
材料:
卵(8個)

A
 めんつゆ(150CC)*2倍濃縮
 水(150CC)
 うすくち醤油(50CC)
 みりん(50CC)

作り方:
1・卵を水が被るぐらいまで入れて、強火にかけ8分程度。(半熟の時間。沸騰してから冷えた卵6分、常温5分半でも半熟の目安)冷水で冷やし水の中で殻を割ってむく。

2・密封容器に茹で玉子とAを入れて蓋をし一晩冷やして出来上がり。

アト辛おとな味:
・からし

子手伝い:
・からをむく

2〜3個なんて、ぱくぱく食べてしまいます。

あぶない、あぶない。。。

単なる茹で玉子より、はるかに食べやすい。


味付け方法もいろいろ。

ん〜卵は比較的安いし、美味しいし、いいことばかり。

さて、明日はどんな食べ方しようかな。

パパ料理研究家|日本パパ料理協会 会長飯士 滝村雅晴



「怒らない」

怒りません。

腹が立たないことはありませんが、怒らないようにしています。

腹が立たないようにある程度コントロールできるのだなと思うようになりました。


原因は、自分にある。

自分を変えることはできるけれど、相手を変えることはできない。


そう思うようになった、そんな風に思うようなところにたどりついたからでしょうか。


腹が立つのは自分。

怒るのも自分。


だから、自分が腹がたたないように気持ちや視点、考え方、心の持ちようを変える。


怒り、腹を立てると、それは相手に確実に伝わる。

自分は、その理由が相手だと思っているが、相手はそう思っていない。

すると、相手がコントロールできなければ、自分のせいで、相手が怒りだす。


どんどん怒りが雪だるま式に増える。

次の人にも伝染する。


それを断ち切るのは、自分か、相手か。


自分は変えられても、相手は変えることはできない。



でも、喜びや、いいことは相手に伝えて行きたい。

特に思いやり。


どんどん思いやりが雪だるま式に増える。

次の人にも伝染する。


でも、同じように、それを断ち切るのは、自分か、相手か。

伝わらなくても、繋がらなくても、怒らない。


思いやりが伝わらずに、腹を立てても仕方がない。

ゆっくり、ゆっくり。


相手のことを思い、信頼する。

鏡を見る。

自分の顔は怖い?笑顔?


不思議なもので、顔が笑っていると、楽しくなってくる。


楽しいから笑うのか。

笑っているから楽しくなるのか。


どちらも同じ。



お金をもらうから、誰かのために役に立とうとする。

誰かの役に立とうと始めるから、お金が入る。

どちらも同じ。


怒らなくなると、いろいろと気づくことが多い。


今生きている。

すべてに感謝。

すべてにありがとう。



<直近のイベント/メディア/業務スケジュール>

2015年


6月21日(日) 食育推進全国大会@すみだ 分科会ファシリテーター

6月23日(火) 70歳!!まで社長で働き続けるための健康料理と食生活習慣とは」6.23(火)@汐留 講師・パパ料理研究家 滝村雅晴

6月26日(金) 内閣府食育推進評価専門会議@内閣府

*2015年度の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop