新玉ねぎチャーハン

新玉ねぎ炒飯。チャーハン


やっぱりチャーハンは美味しい。

ごはんの国ですから。

焼くことに、男はロマンを感じます。


火で直接炒める。

料理してるって感じが楽しいのかな。


出汁に調味料と具を入れて蓋をして火にかけるだけで、完成する煮物とは、違う料理作り感満載。


今回は、野菜と卵ベースで作ったチャーハン。

新玉ねぎがポイントね。

★パパレシピ(3人分|15分)
材料:
新たまねぎ(1個)
卵(2個)
スティックブロッコリー(1つかみ *畑でとれたもの)*小松菜やほうれん草でOK
しょうが(1かけ)

ごはん(茶碗3〜4杯)*白米と押し麦バージョン

オリーブオイル(大さじ1.5)

粗塩(少々)
粗挽きこしょう(少々)

A
 鶏ガラスープのもと(小さじ2)
 オイスターソース(大さじ1)
 しょうゆ(大さじ1/2〜)


作り方:
1・新玉ねぎを粗みじん切り。卵を割りとく。スティックブロッコリーはざく切り。しょうがはみじん切り。

2・フライパンにオリーブオイルとしょうがを入れて火にかけ、香りたったら新玉ねぎを入れてしんなりするまで炒める。卵と温かくしたごはんを一緒に入れて手早く炒める。スティックブロッコリー、塩、粗挽きこしょうAを順番に加えて炒めて出来上がり。

隠さない味:
・オイスターソース。味に深みがでます。

アト辛おとな味:
・ラー油

子手伝い:
・卵割とく


チャーハンは、一生作り続けるだろうなぁ。

マオ助も喜んでるしなぁ。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



子どもの日のプレゼントが、母からマオ助あてに送られてきました。

自分で好きなものを買えるようにと、イオンギフトカードで。


さっそく、大喜びで買いものに。

ボールペンがほしかったようです。

3色色がでて、消せるボールペンがいいとのこと。

選びに行くと、確かにあったのですが、色が青とグリーンのみ。

別の階の文房具屋さんに行こうと移動したら、ありました。

いろんな色が。

そして、600円モデルではなく、その上の1600円ぐらいの高級ボールペンも!




このグラデーションが気にいったみたいで。

ピンクもありましたが、グラデーションがなく。

たくさん書いて、全部消してよろこんでいます。


マオ助が今までで買ったペンで一番上等なもの。

僕も記憶がありますが、小学生のころ、いい文房具に憧れます。


毎日使いますからね。

シャーペンにもこだわりあったからなぁ。

いいものを大切に長く使ってね。

今日、塾で嬉しくてみんなに自慢したって。

となりの子が「すげー!」って、驚いてくれたって。

その子、いいこやなぁ。



<直近のイベント/メディア/業務スケジュール>

2015年


4月25日(土) NEC労働組合様向けパパ子料理教室

4月29日(水) bay FM Power BAY MORNING 電話出演


*2015年度の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop