ツナとほうれん草とれんこんのパスタ

れんこんとほうれん草のツナ和えパスタ


いい組み合せでした。

ママとマオ助が「あさりが入ってる?」と、言うぐら魚貝風味で、れんこんとほうれん草との相性もばっちり。


この季節にぴったり。

冬パスタです。


トマト煮をもうひと品作ったので、こちらはオイルパスタで。

最近家で僕が作った久しぶりのパスタ。


テーマは、大好きなトマトソース味からの脱出。 

トマトの味の頼らない、旨味を楽しむパスタの味に出会いにいきます。

★パパレシピ(3〜4人分)
材料:
パスタ(1.6mm 250g)
れんこん(6センチぐらい)
ほうれん草(6株)
ツナ(2缶)

にんにく(3かけ)
オリーブオイル(大さじ1.5)

塩(少々)
粗挽きこしょう(少々)

水(3リットル)
塩(大さじ2)

ピザ用チーズ(適量)
パルミジャーノレッジャーノ(適量) 

作り方:
1・れんこんはスライス。ほうれん草は根元を切ってざく切り。にんにくは薄切り。

2・フライパンに、にんにくとオリーブオイルを入れて火にかける。香りたったられんこんを入れて炒める。ツナ(汁ごと)、ほうれん草を順に入れて炒め、軽く、塩、こしょうを加える。

3・鍋に水と塩を入れ沸騰したら、パスタを表示時間の1分30秒前に茹で揚げる。茹で汁は200CCとっておく。

4・ 2に3のパスタを加えてよく和えたら、茹で汁を加えて煮詰める。ピザ用チーズを加えて溶けたら盛り付け、パルミジャーノをすりおろして出来上がり。

アト辛おとな味:
・タバスコ

子手伝い:
・ほうれん草洗う
・パルミジャーノすりおろす

マオ助はにんにく好きで、小さいスライスを見つけては丁寧にとって、美味しそうに食べます。

なんか、最近急に食へのこだわりが増してきたような気がします。

食べたいもの、好きなものがはっきりしてきました。


いいんじゃないですか。

そろそろ春のパスタですね。

なんか作ろうっと。

あっ、畑行かないと、、、

畑のスティックブロッコリーで、パスタ作りたいな。


パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



新所沢パパ料理教室

新所沢パパスクールでの、パパ料理教室修了!

ママ、子どもたちも食べに来てくれました。


元気がいい子どもたちがいっぱい!


連続講座の最終回なので、パパもママも仲良し。

新所沢で、いい家族のネットワークができましたね。



さて、久々。

今から、羽田経由で小松空港へ。

明日、金沢市内でパパ料理教室です!


美味しいんですよね。

金沢の料理。

治部煮とか。


では、行ってきます!



<直近のイベント/メディア/業務スケジュール>

2015年

3月7日(土) パパ料理教室@新所沢市 パパスクール

3月8日(日) パパ料理教室@石川県金沢市

3月9日(月) パラフト広報ミーティング|ロジムミーティング

3月10日(火) 新規事業ミーテ

3月11日(水) NHKラジオ第一「すっぴん!」パパっとパパ料理 あと2回で最終回|婦人之友座談会参加

3月12日(木) 食育推進評価専門委員会@内閣府|大正大学記者発表@霞が関

*2015年度の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop