鶏むねレンコンスープ

鶏むねれんこんわかめ卵スープ


献立に一品、必ず(いや、できるだけ。。。)汁ものを入れるようにしています。

特に朝食。

朝多めに作って、そのまま冷蔵庫に入れて晩ごはんにも活用。

逆に、夜多めに作って、朝ごはんに。

このほうが楽か。


汁もの作る時に、具だくさん、特に野菜、海藻類、豆類などいれて、「汁おかず」 にします。

冷蔵庫にある野菜が痛まぬ前に、いっしょに煮込みましょう。


今日は、味噌が切れていたので、味付けは塩としょうゆ。

これで十分美味しく仕上がります。

あと、本みりん、料理用清酒、仕上げに溶き卵。

出汁はとってますよ。

昆布と煮干し。


鶏むね肉はポイントですね。

ぐっと味が、皆さん好みになります。

なくてもいいですよ。


体調もよくなる、具だくさんの「汁おかず」を食卓に。

★パパレシピ
材料:
れんこん
たまねぎ
わかめ
ねぎ
鶏むね肉(*実は、蒸し鶏を少し手でさいて入れました)
卵(1個)

出汁(昆布とにぼし)500CC〜
本みりん(大さじ1〜)
料理用清酒(大さじ1〜)

A
 薄口しょうゆ(小2〜)
 塩(小さじ1/4〜)


白ごま(少々)

作り方:
1・出汁をとった鍋に、薄切り玉ねぎ、スライスれんこん、きざんだわかめ、手でさいた肉、みりん、酒を加えて煮る。火が通ったら、Aを加えて味を調え少し煮込んで、溶き卵を回しかけして、ちょっとおいて混ぜる。白ごまと刻んだねぎいれて出来上がり。

アト辛おとな味:
・七味

子手伝い:
・汁もの飲もうね


しっかり出汁をとっているから、味わい深い。

よく噛んで飲むスープです。

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



今日は、夏休み明け初めてのかな。

小学校の絵本読み。

なんかねえ。

小学校1〜2年の絵本読みから始まって、3年生の7月までと、

3年生の夏休み明けてからは違いますね。


反応というか、雰囲気というか。

違う。

読む絵本によっても変わるでしょうけれど、今までののりで読んできた雰囲気と違いました。


ちょっと、ギア上げないと。

基本、大人扱いのタイミングですね。

うん。

とても感じる時間でした。


貴重な経験です。

機会に感謝。



<直近のイベント/メディアスケジュール>

2014年

11月5日(水) NHKラジオ第一「すっぴん!」パパっとパパ料理あさ9時30分から|東京FMdocomoLOVEFamily収録|GSK健康保険組合向け講演

11月7日(金) 全トヨタ労連Z・ONE 連載撮影

11月8日(土) 新宿区落合保険センター両親学級講師|PTA主催ソフトドッチボール大会&懇親会

11月10日(月) 毎日小学生新聞連載撮影

*2014年〜2015年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*随時、料理教室/講演依頼・企画・プロデュース・タイアップ案件など、ビストロパパ社で受け付けております。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop