にらたましらす

ニラたましらす


なんか、呪文のようですが。。。

パパ料理のヒントは、居酒屋さんに転がっています。

あっ、これ家でも作ってみたいな。

とか。


これも確か、どこかでニラの束に、卵黄のせたメニューを食べた記憶があり、家にニラが残っていたので作ってみました。

あつあつごはんにあいますやん!

妻絶賛でした。


★パパレシピ(1〜2人分|10分)
材料:
ニラ(1/2束)
卵(1個)
しらす(大さじ3〜)

A
 しょうゆ(小さじ2)
 ごま油(少々)
 白ごま(少々)

水+塩(少々)

作り方:
1・2センチにきったニラを熱湯で塩ゆでし、溶き卵、しらすを加え、Aをかけて和えたら出来上がり。

アト辛おとな味:
・黒七味

子手伝い:
・卵割り


そんな、家にあった食材で作る料理が、楽しい。


新しい文化やアイデアは、「限られたもの」の中から生まれますね。


限られた「食材」

限られた「時間」

限られた「スペース」

限られた「予算」


限られているほど、「チャンス」があるのです。

なんでも、自由に手に入れば入るほど、かえって難しい。

諦めがつきにくいのでしょうね。

どこまでも時間、お金が自由なら、終わりがないですから。


限られた「いのち」

だからこそ、1日1日を大切にできる。

から、いい人生になるんじゃないかなと。


「限られたもの」の中で生きる。

そのためには、「捨てる」ことをしないといけないんですよね。


最近、物を「捨てる」ように日々意識しています。


整理 → いるものといらないものを決めること

整頓 → そのうえであるべきところに物をおくこと


整理して、いらないものを捨てないと整頓できません。


って、師匠のあきない総研の吉田さんのこれから出る新刊本に出てました。

詳しく読みたい方は、売る本の原稿すべてPDFで無料で読める!サイトがあるのでチェックください!

吉田師匠、太っ腹!

起業「成功」ノート

パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



新卒で入った会社を2年弱で退職し、転職して入社したのが、デジタルハリウッド株式会社。

出来たてで、僕が最初の社員でした。

そのデジハリが、2014年10月3日でなんと20周年。

昨日、20周年記念イベントに参加してきました。

杉山先生

場所は、ZEPダイバーシティーTOKYO。

お台場。

懐かしい仲間にたくさん会えました。

デジタルハリウッド20周年

この写真は、講師/TAを務めてくれていた仲間たち。

みんな元気そうでなにより。

それぞれが、ぞれぞれの人生。

誰とも比較することなく、「わたしは、わたしだから」で、これからもみんなやっていきましょう。


そして、20年デジハリをしょって走ってくださっている杉山先生、ありがとうございます。

まだまだ10年、20年、誰かにかついでもらって、走り続けてください!



<直近のイベント/メディアスケジュール>

2014年

10月3日(金) アイランド2014交流パーティー参加

10月4日(土) デジタルハリウッド20周年大同窓会

10月8日(水) NHKラジオ第一「すっぴん!」パパっとパパ料理生放送|山梨大学講演

10月10日(金) レタスクラブ ビストロパパ掲載

10月11日(土) 川崎市戸手小学校PTA主催 パパ子料理教室


*2014年〜2015年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop