白菜ぶり大根


白菜ぶり大根


ぶり大根に、白菜を入れて。

ぶりの定番料理、ぶり大根も、大人は「いいねえ」になるけれど子どもはどうだろう。

まあまあじゃないかな。


そこに白菜を入れるとどうだろう。

おいしいねえ。


と、なる。


お鍋感覚で温野菜をばくばく食べられるのがいい。


ぶりを楽しみながら。


天然で脂がのってるのが出回っていますね。


和食の煮物と、ごはんの相性は最高です。

★パパレシピ(4人分|25分)
材料:
ぶり(4きれ*尾の白いほう購入)
大根(8センチ)
白菜(1/8カット)
ねぎ(1本)
しょうが(1かけ)

出汁(500CC *昆布とかつお)

A
 うすくちしょうゆ(大さじ4)
 本みりん(大さじ4)
 料理用清酒(大さじ2) 

白ごま(適量)


下準備:
・ぶりは熱湯をかけて湯を切る。大根7mmのイチョウ切り。白菜ざく切り。ねぎ5センチに切る。しょうがスライス。

作り方:
1・鍋に出汁と大根を入れて蓋をして強めの中火で煮込む。和らくなってきたら、ぶり、しょうが、ねぎ、白菜を加えて蓋をして中火で煮込む。

2・そのまま食べるか一度火を止めて、冷ましつつ味をしみ込ませてから食べる。


アト辛おとな味:
・黒七味

子手伝い:
・「この皮食べていいの?」 「いいよ」


揚げ物が続いたので、この日は一切油なし料理。

和食の素晴らしさはそこですよね。


揚げ物さえ作らなければ、和のコースすべて油なしで作ることができるし、誰もそれに気付かないぐらい満足できる。


炊きたてごはんに、ぶりのせて食べる。

あーおいしい。


パパ料理研究家|ビストロパパ滝村雅晴



ここ数年、朝は100%和食です。

大人も、子どもも、少し体重しぼらないとな〜

と、悩んでいらっしゃる方は、

「朝和食」&「よく噛んでたべる」

このコンビを続けてください。


そして、大人は、

「お腹が減ったら食べる」

習慣を。


お昼だ、何食べよ!

をやめる。


子どもは成長ざかりですから年中お腹すかせています。

4食目を「おやつ」じゃなく、おにぎり1個、おいも1本など食べると、栄養バランスもよく、夕食もしっかり食べられるようになります。

特に、何も食べていない胃に、甘い砂糖入りのお菓子やジュースを、おやつに食べると、そのまま糖分で脳が満腹になってあまり食べたくなくなります。

甘いもの食べる→食欲なくなる→ダイエットにいい!

は、健康のため、生命維持に必要な栄養が摂取できなくて長い目で見て、いろんな病気に繋がりやすい。


急がば回れで、和食中心に、しっかり噛んで食べる生活習慣をすれば、すぐに結果はでませんが、体重も落ちて、健康な体になっていくでしょう。


家族みんなで美味しく食べて、健康維持。


これがパパ料理道のモットーです。



<直近のイベント/メディアスケジュール>

2014年

10月3日(金) アイランド2014交流パーティー参加

10月4日(土) デジタルハリウッド20周年大同窓会

10月8日(水) NHKラジオ第一「すっぴん!」パパっとパパ料理生放送|山梨大学講演

10月10日(金) レタスクラブ ビストロパパ掲載

10月11日(土) 川崎市戸手小学校PTA主催 パパ子料理教室


*2014年〜2015年の最新スケジュール一覧はこちらからご覧ください。
*イベントの参加方法/詳細についてはビストロパパ社HPでの確認および直接お問い合わせください。



来たれ!卓末の飯士!共食維新を目指す日本パパ料理協会とは



エプロンで家族を笑顔にする
一澤信三郎帆布コラボエプロン・前掛け・トートバッグ|こまもりエプロン|子手伝いエプロン 
Bistro Papa Online Shop