ほうとうめんb

小麦粉を練ってつくるだご汁(だんご汁)


ほうとうのような感じですが、それよりもっと簡単。

小麦粉を練って寝かせて、手でちぎって伸ばすだけの麺を、味噌仕立ての汁に加えて煮込むだけ。


家族みんなで生地をのばして作りました。

これはいいね。


だご汁は、熊本県、大分県など九州で、だんご汁としてよく作られているようですね。


とってもあったまり、また麺がじわーっと味わい深くなって、大変美味しく頂けました。


今度、子どもたちが来たときにいっしょにつくりたい一品です。


★パパレシピ(3〜4人分)
材料:
じゃがいも(2個)
にんじん(1/2本)
ごぼう(1本)
大根(3センチぐらい)
かぼちゃ(100g〜)
しいたけ(3枚)
ねぎ(1/2本)
厚揚げ(1/2丁)

ごま油(大2)

出汁(1500CC *昆布と煮干)

みそ(75g〜 *米味噌+6年味噌等の合わせ味噌)

A
 強力粉(260g)
 中力粉(40g)
 粗塩(小1.5)
 ごま油(大1強)
 水(750CC〜)


作り方:
1・じゃがいもは洗って皮ごと8等分。にんじんは乱切り。ごぼうも乱切り。大根は5mm幅のイチョウ切り。
かぼちゃは2センチぐらいの食べやすい大きさに切る。しいたけはいしずきをきって薄切り。ねぎは斜め切り。厚揚げは半分に切って5mmぐらいに切る。

2・鍋にごま油を入れ、ごぼう、にんじん、じゃがいも、だいこん、しいたけ、厚揚げの順に入れて炒め合わせ、出汁とかぼちゃを加えて蓋をして野菜が柔らかくなるまで煮込む。

3・Aを混ぜ合わせてこねたら濡れ付近で乾燥しないようにかぶせて1時間ほど寝かせる。人差し指程度にちぎって棒状に伸ばして、バットに並べる。

4・2の鍋の火を弱め、味噌を溶いて加えたら、3の棒状の麺を手でのばし30センチちょっとぐらいのばし、手で麺をつぶしてひらべったくしたら、鍋に次々と入れる。すべて入れ終わったら、ネギを加えてしばらく煮込んで出来上がり。

アト辛おとな味:
・黒七味

子手伝い:
・麺をいっしょにつくる


ほうとうb

ごぼうもうまいけれど、大根がうまかったなぁ。

体にしみるうまさ。

麺は平べったいほうが、僕は好きです。

食べやすいし。

ほうとうのような感じ。

麺の作り方がこっちのほうが、簡単でワイルド。


じゃがいもを里芋にしてもOK。

おなかいっぱいになりました。


こういう料理が、日本全国の家庭料理で作られないといけないですね。

日本の郷土料理の家庭料理は美味しくて栄養たっぷりなのです。

パパ料理研究家 滝村雅晴



<直近のメディア/イベントスケジュール>

5月1日(水) 健康料理教室|NHK撮影

5月2日(木) 健康料理教室/京都へ

5月2日(木)〜6日(月) 京都

5月8日(水) メーカー商品レシピ動画撮影

5月11日(土) 日本トリム主催 母の日企画 1日限定パパレストラン開店

5月12日(日) ゆりかバースデー10才!|ビストロパパ10周年



さくら、菜の花、若草、空・・・パパにぴったりの春色トートバッグ!
一澤信三郎帆布×BistroPapaコラボトートバッグ

ママと子どもに料理を作ってあげたくなる魔法のパパエプロン
一澤信三郎帆布×BistroPapaコラボエプロン&コラボ前掛け
 
 
子どもが手伝いしたくなる魔法のエプロン!
子供のお手伝いエプロン kotetsudai Apron  
Mサイズ × 8カラー 
Sサイズ × 8カラー  

Papa Cooking! Family Smiling!!

Bistro Papa Onlin Shop