6年味噌汁b

車麩と油揚げとわかめの六年味噌で作る毎朝みそ汁


毎日、お味噌汁作っています。

その日ごとに、毎回具を変え出汁をかえ味噌をかえ薬味をかえ。

これに、炊き立ての玄米ごはんに、自家製黒ごま塩をかけて食べる。

お昼抜きで、しっかり夕方まで腹もちして、日々健康です。


今日も、いいお味噌汁できました。

みんな元気になあれ。

★パパレシピ
材料:
油揚げ(1枚)
生わかめ(10g〜)
車麩(適量)
ネギ(1/4本)

水(800CCぐらい)
出汁昆布(1枚)
本みりん(大1.5)
料理用清酒(大1.5)

いなか味噌(大3〜)
六年味噌(大1.5〜)


作り方:
1・水に出汁昆布を入れて火にかけ沸騰する前に弱火にして、食べやすいサイズにきったわかめ、油抜きして切った油揚げ、みりん、酒を加える。

2・いなか味噌、六年味噌を出汁で溶いていれ、小口切りしたネギと、手でわった車麩を入れて出来上がり。

アト辛おとな味:
・黒七味

子手伝い:
・味噌をとく
・車麩をわる

最近、「麩」と「味噌汁」の味がたまりません。

特に、車麩のように大きいと、食べ応えあるある。

今日も、ちゅるっと口の中にはいりました。

あーおいしかった。

ちなみに今日の車麩は、沖縄のもの。

今年は地方の物産をPRする仕事がしたいぞー!

愛する食品・食材は、とことん応援します。

お気軽にお声かけください。

さいさい。

パパ料理研究家 滝村雅晴



今年、社会人になって20年になるんですね〜。

そんな新卒で出会った同期と20周年同期会を新宿の「ざうお」でやりました。

お店の中にいけすがあり、鯛やヒラメをつるんですよ。

すごいでしょ。

ざうお

僕が釣りあげたのはヒラメ。

で、なかなか餌を食べないので、見事に「ひっかけ」ました。

もう一匹、仲間が釣りましたが、お店から渡されたオキアミのような餌では食べず、刺身にでてきた甘エビに変えたところ見事にヒット!

数時間のうちに、ものすごい魚介類を食べる日になりました。

20年たっても変わらず、みんな元気に仕事頑張っていて嬉しい限り。

30年、40年後もみんな笑顔でまた会いましょう。



<直近のメディア/イベントスケジュール>

3月9日(土) パパ料理教室@新所沢

3月10日(日) パパ料理教室@福生市

3月16日(土) 講演@文京区

3月17日(日) 座談会@港区|マンション理事会

3月19日(火) ソフトバンク動画コンテンツ撮影|ブログ毎日連続更新7年達成。8年目へ

3月20日(水) 平日パパごはんの日

3月21日(木) イクメン交流会@旗の台BAL Cero パパ料理担当

3月22日(金) 大阪出張|イベントリハ

3月23日(土) ベネッセ たまひよファミリーパーク@インテック大阪 イベント出演

3月26日(火) 全トヨタ労連広報誌撮影

3月29日(金) 男女共同参画センター向け講演@都内

3月30日(土) パパ料理教室@福生市



新商品!パパが買い物したくなるトートバッグ。黒トートも新発売!
一澤信三郎帆布×BistroPapaコラボトートバッグ

ママと子どもに料理を作ってあげたくなる魔法のパパエプロン
一澤信三郎帆布×BistroPapaコラボエプロン&コラボ前掛け
 
 
子どもが手伝いしたくなる魔法のエプロン!
子供のお手伝いエプロン kotetsudai Apron  
Mサイズ × 8カラー 
Sサイズ × 8カラー  

Papa Cooking! Family Smiling!!

Bistro Papa Onlin Shop