ロールキャベツb

デミグラスソースたっぷりのロールキャベツ


たくさん作って2日間たっぷり楽しみました。

ロールキャベツ。

春先の柔らかいキャベツはとても甘い。


キャベツは甘いんです。

美味しいキャベツとそうでないキャベツってすぐわかります。

みずみずしさと甘さが違いますから。


いいキャベツだったかな。

最後のひと葉まで楽しめました。

これはおもてなし料理ですね。

★パパレシピ(たっぷり大人8人分)
材料:
きゃべつ(1玉)

牛豚あいびき肉(400g)
玉ねぎ(1個)
パン粉(1カップ)
卵(2個)

A
 塩(小1)
 白こしょう(少々)
 ナツメグ(少々)


B
 デミグラスソース(2缶)
 ホールトマト(1缶 *手やハサミで切ってつぶしておく)
 水(2カップ)
 コンソメスープのもと(2個)
 ウスターソース(大2)
 酒(大2)
 ローリエ(2枚)
 塩(少々)
 白こしょう(少々)

オリーブオイル(大1)
バター(大2)

フレッシュ(仕上げ)

作り方:
1・キャベツの芯を包丁でくりぬき、大きな鍋にまるごとつけて沸騰させる。沸騰したら火を弱めて10分ほど煮込んだあと湯をきって水で少し冷やす。外側から皮をはいで8枚ならべ、さらに8枚はいで葉の上に重ねる。芯の太い部分は包丁でそぎ落とす。

2・ボウルにひき肉とAを加えて手でもみ込んだ後、みじん切りの玉ねぎ、パン粉、溶いた卵を加えてさらにこねた後、8等分にして俵型に、ロールキャベツのタネの形を整える。

3・1のロールキャベツに2のタネをのせ1枚ずつくるみながらはしを中に折りたたんで2枚ともくるみ、外れないように楊枝を指して止める。

4・大き目の鍋にBを加えて煮込む。

5・フライパン(我が家は28センチ)に、オリーブオイルとバターを加えて火にかけ3のロールキャベツを入れて焼き色をつけたら4の鍋に4つ加えてて蓋をしながら30分以上煮込む。途中、ソースをすくってキャベツにかけたり、ロールキャベツを上下ひっくり返して煮込む。

6・残りの4つのロールキャベツは焼いたあと、5の鍋のソースを半分ほどとってフライパンに入れ蓋をして同じく30分ほど煮込む。途中、ソースをすくってキャベツにかけたり、ロールキャベツを上下ひっくり返して煮込む。

7・お皿に盛りつけ、ソースをかけ、コーヒーフレッシュを回しかけして出来上がり。

8・1の余ったキャベツは小さくきって、残ったソースに入れて煮込んで食べる。

*8個分のレシピなので、半分の4個でいい場合は、すべて半分で。

アト辛おとな味:
・タバスコ

子手伝い:
・こねる
・ロールキャベツをつつむ
・楊枝をさす
・フレッシュをかける


1つがとても大きく、子どもだと2人分はあります。

ロールキャベツ煮込み中

28センチのフライパンに4つひしめきあっています。

ル・クルーゼ22センチで8個煮込もうかと思いましたが無理でした・・・

仕方がなく、焼き色をつけたフライパンに仕込んだソースを移して残りの4つを煮込みました。

それがこの写真。

もともと4つ作るだけなら、鍋で煮込んだソースを、そのままフライパンにかけて煮込んでもいいと思います。

ロールキャベツおいしそうb

この存在感。

ロールキャベツは春がおススメですね。

キャベツがうまいもん。

ロールキャベツアップb

しっかり中味が詰まっています。

ここから旨味が出ているので、またキャベツが濃厚なんです。


マオ助のように、「中にハンバーグが入っている!」と感じると、1個以上中味だけ食べてしまいます。

その後、おとなはキャベツ担当になりますが。


しかし、キャベツ担当になってもいいぐらいこれは美味しい。


とっても幸せな時間でした。


改めて自分にとっての源泉なんだなと思いました。


自分の源泉を知ると、人生は豊かになりますね。


昔から変わらない2つがあります。


「食べたことがない味に出会う」

ことと、

「知らない景色を見る」

の2つ。


どちらかをすれば元気になります。

と、いうことは「旅行先で美味しいものを食べる」は、最高に僕のパワーになるということ。


考えるだけでわくわくしますよね。

パパ料理研究家 滝村雅晴



今日は、ゆりかの百か日です。

4月15日(日)に、すでにお寺さんで法要は終え、納骨もしました。


あれから百日たちました。

だいぶ、気持ちも見える景色も変わってきました。

すべてを受け入れて生きていくことも、心と体両方でわかってきたようにも思います。


マオ助は、どんどん成長し、年下のお友だちにとって、とってもいいお姉ちゃんになっています。

小学校でも普通に、お姉ちゃんの学年に遊びにいって、3年生の子どもたちと遊んでいるようです。


毎日小学校楽しいそうです。

ほんとよかった。

参観日が楽しみですし、小学校の行事にもできるだけ顔出すつもりです。

年間行事はすぐにスケジュールに書き込みました。


朝の絵本読みも行こうと思っています。


行くたびに、3年生や1年生のお友だちと一緒に、お姉ちゃんがいてるでしょうね。


ゆりかへ。

これからも、妹のまおをよろしくね。



<今後のメディア/イベントスケジュール>

4月20日(金) 百か日

4月22日(日) サンケイビル×ビストロパパ×東京ガス料理教室

4月25日(水) 子育てフリーペーパー情報誌「miku」連載撮影

4月28日(土) 毎日小学生新聞新連載「ビストロキッズへの道」掲載



papagohan_logo_big
いつものごはんを、パパの手で。「パパごはんの日」プロジェクト。

「パパごはんの日」Facebookページに、全国の「パパごはん」がずらり並んでいます!是非ご覧ください!そして、パパの皆さまは投稿を。ママもパパごはんを紹介してください!




パパに似合うエプロンの決定版。
一澤信三郎帆布×BistroPapaコラボエプロン&コラボ前掛け

子どもが手伝いしたくなる魔法のエプロン!
子供のお手伝いエプロン kotetsudai Apron  
Mサイズ × 8カラー 
Sサイズ × 8カラー  

Papa Cooking! Family Smiling!!

Bistro Papa Onlin Shop