マオ助玄米おにぎりb

2012年3月19日 ブログ毎日連続6年間達成

子手伝いから子料理へ

6年間ありがとうございます。


写真は、僕の料理ではなく今年小学1年生になるマオ助が握った玄米おにぎり。

マオ助玄米おにぎり2b

小さな手で、じょうずに握れるようになりました。

パパ料理から始まり、6年たったいま、次女のおにぎりを紹介できるまでになりました。



2005年1月に、「ビストロパパ 〜パパ料理のススメ〜」のブログを立ち上げました。

作った料理をアップしているうちに、作る頻度も写真も増えて、次第に日にちを空けずにアップするようになりました。

その後、2006年1月にマオ助が産まれました。

出産、引っ越しと続いて落ち着きだしたところから、なんとなくですが、

「毎日ブログを書こう」

と、

思い、

書き続けて、

書き続けて、

書き続けて、

2012年3月19日(月)の本日、一日も欠かさず連続で6年になりました。


「パパ料理」というテーマで書き続けて6年。


ブログを書いたことで、僕はパパ料理研究家になりました。



書き続けていることで、僕が将来楽しみにしていたことがあります。


それは、将来大きくなったユリ蔵とマオ助が僕のブログを読んで、僕あてにコメントをもらうことでした。

このブログには、娘たちが食べてきたごはんが、ほとんどレシピつきでのっています。

自分がどんなごはんを食べて、その時父親がどんな気持ちだったかすべてブログを見ればわかるのです。


どんな風に思うのだろうな。



毎日ブログを書き始めたときには生後2か月だったマオ助も、6年後の今では、自分でおにぎりを握れるまでに成長しました。


ママのために作るごはんから始まり、

赤ちゃんのためのミルクや、離乳食になり、

パパの料理を手伝う、子手伝いをするようになって、

ついに自分で料理をするまでに。



6年間。

1日たりとも忘れません。

ユリ蔵とマオ助と一緒に食べたごはんを。

すごした日々を。



今日、マオ助は最後の幼稚園登園日。

お世話になったバスの運転手さんに、

「ありがとう!」の横断幕をみんなで掲げてお礼をいいました。

運転ありがとうb

バスが来るのを待ち切れずに、その横断幕をもって走り回る、マオ助、けんけん、ゆうちゃんの仲良し3人組。

何やっても楽しそう。



その足で、お姉ちゃんの通った小学校に。

2年1組b

ちょうど卒業式の日でもあり、すぐに帰ってくるユリ蔵のクラスのお友だちとたくさんすれ違いました。

「あっ!ゆりかパパだ!」

仲良しのお友だちからいっぱい叫んでもらい、手を振ってもらい、ハイタッチをしました。


嬉しいよね。ゆりかパパって呼んでもらえるのが。


大事な大事なゆりかの友だちです。


いっぱい応援してくれたクラスのみんなにお礼のプレゼントとお手紙を担任の先生に渡してきました。

ママとユリカが作った、みんなに渡してもらうカード。

ありがとうゆりかb

見てびっくりしました。

ユリカが書いていますね。


クラスには、お友だちと先生に書いた絵が飾られていました。

まっててねb

「まっててね。」

「大好き」

「ハッピー」

2ねん1くみのみんなへ。

たきむらゆりかより



もう、ユリ蔵は自由だからきっとあれから毎日学校に行っていたと思います。


子どもたちも、いろんな不思議なことが起こると、

「あっユリカちゃんがやってくれたんだ!」

と、口々に言い出すそうです。


そして、改めて先ほど幼稚園年長さんになったときにママがユリ蔵に聞いて作った、プロフィールを見ました。

夫婦で忘れていたのですが、ちゃんとユリ蔵の将来の夢がここに書いてありました。

ゆりかプロフィールb

大きくなったら何になりたい?

「みんなをしあわせにするまほうつかい」


どこでもドアがあったらどこへ行きたい?

「まほうのくに」


本当にユリカは願いをかなえましたね。

お空からみんなを見守っていると思います。

3年生になっても、ずっとずっと、ユリカとみんなは同級生だから、ずっと仲良くしてね。



毎日毎日6年書き続けても、まだまだパパ料理のブログを書きたいと思います。

書き続けられます。

僕がユリ蔵に学んだことは無限にあります。

それを伝えることが僕の使命。

世界中の家族の食卓をパパ料理で笑顔にすることが僕の役割。


ブログにお姉ちゃんからのコメントは直接投稿されることはないけれど、きっともう全部読んでしまったことでしょう。

そして時々何か気付きを与えてくれることで、僕をこれから成長させてくれるのだと思います。

ブログを書いててよかった。

ママとユリ蔵とマオ助がいてくれてよかった。

感謝、感謝の6年間です。

そして、また1年間、いっぱい料理作ってたくさんの笑顔を増やします。


パパ料理研究家 滝村雅晴



<今後のメディア/イベントスケジュール>

3月19日(月) 教育家庭新聞掲載

3月21日(水) 「平日パパごはんの日」お題は「あさりの酒蒸し」

3月22日(木) 東京ガス冊子撮影@ガスの科学館

3月23日(金) WomanType取材



papagohan_logo_big
いつものごはんを、パパの手で。「パパごはんの日」プロジェクト。

「パパごはんの日」Facebookページに、全国の「パパごはん」がずらり並んでいます!是非ご覧ください!そして、パパの皆さまは投稿を。ママもパパごはんを紹介してください!




パパ料理という魔法が使えるパパエプロン
一澤信三郎帆布×BistroPapaコラボエプロン&コラボ前掛け

子どもが手伝いしたくなる魔法のエプロン!
子供のお手伝いエプロン kotetsudai Apron  
Mサイズ × 8カラー 
Sサイズ × 8カラー  

Papa Cooking! Family Smiling!!

Bistro Papa Onlin Shop