子手伝い餃子b

子手伝いの王道 

パパと子どもでつくるジューシー餃子


一度、具(あん)をつくると、一袋50枚の市販の皮ではたりないぐらいできます。

今回も出来ました。

結局50個作って残りはとっておきました。


お家で餃子。

作るのも楽しいし食べるのも楽しい。

もちろん、マオ助が子手伝い。

包み中b

子どもの小さな手のほうが上手につつめますね。

上手になってきました。

餃子できた!b

こんなに上手に!

マオ助の包んだ餃子b

順調に包みあがってきます。

餃子焼いているところb

左列が僕で右列がマオ助。

あんまりかわらないですよね。

そして、焼きあがり。

餃子アップb

いい感じにカリカリに!


★パパレシピ
材料:
白菜(1/2束)
豚ひき肉(200g)
ニラ(1束)
ごま油(大1)
サラダ油(大2)

A あん
 砂糖(小1)
 しょうがすりおろし(ひとかけ)
 しょうゆ(大1)
 鶏ガラスープの素(大1)
 塩(少々)
 粗挽きこしょう(少々)

餃子の皮(市販品50枚以上)

サラダ油(大2)

Bたれ
 しょうゆ+お酢 同量

作り方:
1・白菜をみじん切りにし、塩をふり手でもみ押して水気をだし絞る。
2・ボウルに、豚のひき肉と、ごま油、サラダ油を混ぜて粘り気がでたら、みじん切りにしたニラとAを混ぜ合わせてたねをつくる。
3・餃子の皮に、2のたねをのせ、皮のふちに水をつけて、包み込む。
4・フライパンにサラダ油を入れ火にかけ、3の包んだ餃子を並べて、すぐに水を餃子が2/3ほどうまるぐらいかけて蓋をし、強火で蒸し焼きにする。
5・水が飛んだら蓋をとり、最後に軽くサラダ油をフライパン底にかけて焼き色をつけて出来上がり。
6・お酢と醤油の同量を混ぜて食べる。

アト辛おとな味:
・ 薬膳ラー油

子手伝い:
・ たねをこねる・ 餃子を包む

うまい。

ひたすらうまい。

「餃子の王将」

のように、「餃子」を看板に掲げる理由がよくわかる。

「餃子」の美味しさだけで、お店もできるし、商品にもなる。


ほんとにうまいもん。


50個を子どもと一緒に包もうとすると、結構時間がかかります。

一緒にキッチンにたって何気ない会話をする。


マオ助らしいしゃべりっぷり、口ぐせがたくさん飛びだします。

楽しかった。

また作ろうね。


パパ料理研究家 滝村雅晴



さて、ビストロパパ 〜パパ料理のススメ〜。

ある時から毎日書き続けました。

その日が、2006年3月19日。

明日で毎日毎日、一日も欠かさずパパ料理のテーマでブログを書き続けて6年になります。


いろんな事を考え、想いながら明日もブログを書こうと思います。



悪人正機 (新潮文庫)
悪人正機 (新潮文庫)
クチコミを見る

吉本隆明×糸井重里

糸井重里さんの発想、感性、立ち位置、言葉の置き方・選び方が好きです。

そのつながりで出会った本。

哲学ですね。

奇しくも読んでいる時に、吉本隆明さんが亡くなられました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

そしてしっかり読ませていただきます。




<今後のメディア/イベントスケジュール>

3月17日(土) 「もて男のおもてなしごはん」料理教室@浦安市

3月19日(月) 教育家庭新聞掲載

3月21日(水) 「平日パパごはんの日」お題は「あさりの酒蒸し」

3月22日(木) 東京ガス冊子撮影@ガスの科学館

3月23日(金) WomanType取材



papagohan_logo_big
いつものごはんを、パパの手で。「パパごはんの日」プロジェクト。

「パパごはんの日」Facebookページに、全国の「パパごはん」がずらり並んでいます!是非ご覧ください!そして、パパの皆さまは投稿を。ママもパパごはんを紹介してください!




パパ料理という魔法が使えるパパエプロン
一澤信三郎帆布×BistroPapaコラボエプロン&コラボ前掛け

子どもが手伝いしたくなる魔法のエプロン!
子供のお手伝いエプロン kotetsudai Apron  
Mサイズ × 8カラー 
Sサイズ × 8カラー  

Papa Cooking! Family Smiling!!

Bistro Papa Onlin Shop