出汁昆布と干しシイタケのピリ辛和えb

出汁昆布と干しシイタケのピリ辛和え

残りものでつくったのに、大人には一番人気。

先日の、とろろ昆布うどんを作った時に出汁をとったときに使った昆布と、干しシイタケ。

昆布、シイタケそれぞれきざんでピリ辛に和えてみました。

これが、いい味!

鷹の爪の和えものを子どもがいるのであまり作らなかったのですが、やっぱりうまい!

炒める時にむせるように辛い香りがするのが大好き。(いれすぎ?)

カツオ節じゃできないし、干しシイタケすごしです。

これを食べたくて出汁とるってのも、ちょっと贅沢でいいんじゃないですか。

★パパレシピ
材料:
出汁昆布(2枚 *出汁とったあとのもの使用)
干しシイタケ(3枚 *出汁とったあとのもの使用)
鷹の爪(1本 *輪切り)
塩(少々)
ピュアオリーブオイル(大1/2 *サラダ油、ごま油でも可)
醤油(小1)
白ゴマ(小1/2)

作り方:
1・出汁昆布、シイタケそれぞれ千切りにする。
2・フライパンにオリーブオイルを入れ中火にかけ熱くなったら1を加えて炒め、途中鷹の爪、塩を加えて炒める。白ゴマを振りかけ、フライパン肌から醤油を流し入れ炒めて出来上がり。

アト辛おとな味:
・ハジメ辛おとな味でした。

子手伝い:
・白ゴマをかける


昔ほど、「肉が食べたい!」という欲求がなくなり、こんな昆布とシイタケが素朴に旨いと感じたり。

ずっと同じものが好きであるより、次々に食の好みも変わり、新しい食べ物が好きになることは、「食べる」ことがより楽しくなりますからとてもいいことですね。

出汁もとれて、おいしい味噌汁や煮物が作れ、のこった昆布とシイタケでピリ辛な一品がつくれて。

いやいやよかった。

これは、大人のお弁当のおかずにいいなぁ。

パパ料理研究家 滝村雅晴



「パパ料理のススメ 〜父親よ大志を抱け〜」

赤ちゃんとママ社より、3月26日出版予定



青森県男女共同参画センター「オープンカレッジinむつ」
 「あつまれ 子育て中のパパ&ママ!パパごはんが家族を笑顔にする!」

日時:2011年2月19日(土)午後1時から午後3時
場所:むつ来さまい館 イベントホールB
対象: 子育て中のパパ&ママ(託児あり ※2月17日までにお申し込みください)家族の笑顔が好きな方イクメンになってみたい方
内容:日本で唯一の「パパ料理研究家」滝村雅晴さんが、若いパパ・ママへ熱いメッセージを届ける講演会です 家族みんなが笑顔になれる極意は「父親の家庭料理=パパごはん」にあり。家族が笑顔になれば、社会が明るくなります。日本を元気にします。 さあ、今日から毎日をもっと楽しく!もっと明るく!そのきっかけを見つけに来ませんか?

詳細/申込はこちら



岡山県真庭市男女共同参画講演会
「家庭にもっとパパ料理 〜お父さんの手料理で家族が笑顔に〜」

日時:2011年2月20日(日)13時〜15時
場所:落合公民館大会議室
参加:無料・予約なし



「パパごはん」作ったよ!の声はこちら!
読売・朝日・毎日・静岡・北海道新聞、NHK・日テレ・TBSで紹介頂きました!

ママと子どもに作ってあげたい パパごはん (マガジンハウスムック)ママと子どもに作ってあげたい パパごはん (マガジンハウスムック)
 著者:滝村 雅晴
マガジンハウス(2010-09-30)
販売元:Amazon.co.jp










ひろがれ!パパ料理レシピ!応援クリックお願いします!