ビストロママ煮込みハンバーグb

ビストロパパがビストロママで作る煮込みハンバーグ

福岡でのイベント、ガススタイル2010で出会った、ハインツさんの「ビストロママ

他人事とは思えないネーミングに、運命の出会いを感じました。

おかげで、その場でたくさんのソースをいただくことができました。
(ありがとうございます!)

シリーズの中に、

デミグラスソース仕込み 煮込みハンバーグソース」を使って、煮込みハンバーグをつくりました。

これが美味しい!!

ソースはプロが手間暇かけてつくるものもあるので、どうしても家庭の味と、レストランの味は違ってきます。

これを使えば、びっくりするぐらい簡単にレストランの味が。

とにかく、お家で出来上がった料理を食べて「おいしー!」と叫ぶことがどれだけ幸せなことか。

これはまた使いたいなぁ。

★パパレシピ
材料:
合びき肉(牛・豚300g)
塩(小1/2)

玉ねぎ(1/2個)
牛乳(40CC)
粗挽きこしょう(少々)
ナツメグ(少々)
生パン粉(1カップ 140g)

オリーブオイル(大1)

にんじん(2本 拍子木切り)

ビストロママデミグラスソース仕込み 煮込みハンバーグソース(1袋)
水(50CC)
赤ワイン(50CC)

作り方:
1・合びき肉に塩を加えて練りこみ、みじん切りの玉ねぎ、牛乳、こしょう、ナツメグを加えてこね、生パン粉を加えて粘り気がでるまでこねる。
2・たねを4〜5等分して、キャッチボールするようにして形を整える。
3・フライパンに油をいれ、強めの中火で十分熱くなったら、2のたねの中央をへこませて入れ、しっかり焼き色がついたらひっくり返して弱めの中火にし、蓋をして5分ほど蒸し焼きにする。
4・拍子木切りしたにんじんを塩茹で(分量外)しておく。
5・蓋をとり、デミグラスソースと水と赤ワインと、4ににんじんを加えて弱めの中火で8〜10分ほど煮込んでできあがり。

アト辛おとな味:
・赤ワインがほしくなりますな。

子手伝い:
・ハンバーグをこねる


これは、食べるのがもったいないぐらいに思えましたね。

って、ぺろっと食べましたけれど。

ハンバーグは、ソースのバリエーションが飽きたら、煮込みがおススメ。

これ、パパつくったら、子どもよろこびまっせ。

パパ料理研究家 滝村雅晴



日本女性会議2010きょうと開催記念イベント
京都市男女共同参画市民会議ウイングスフォーラム2010

ウイングスフォーラム2010対談
「幸せ 笑顔 夢つくる オヤジの味」

出演者:
パパ料理研究家 滝村雅晴
京都大学大学院文学研究科教授 伊藤公雄

日時:2010年12月11日(土)13時開場 13時30分開会
会場:ウイングス京都 イベントホール
参加料無料

詳細/申込/チラシのPDFダウンロード先はこちら




「パパごはん」作ったよ!の声はこちら!
読売・朝日・毎日新聞、NHK・日テレ・TBSで紹介頂きました!

ママと子どもに作ってあげたい パパごはん (マガジンハウスムック)ママと子どもに作ってあげたい パパごはん (マガジンハウスムック)
著者:滝村 雅晴
マガジンハウス(2010-09-30)
販売元:Amazon.co.jp








ひろがれ!パパ料理レシピ!応援クリックお願いします!

ひろがれ!パパ料理スタイル!応援クリックお願いします!


 「パパごはん」本出版記念
一澤信三郎帆布コラボエプロン&子供用帆布エプロン
全品送料無料キャンペーン <11月25日まで>


使うほどに味がでるエプロン
一澤信三郎帆布×BistroPapaコラボエプロン
一澤信三郎帆布×BistroPapaコラボ前掛け

こどもがお手伝いしたくなるエプロン
子供のお手伝いエプロン kotetsudai Apron 
Mサイズ × 8カラー
Sサイズ × 8カラー


Papa Cooking! Family Smiling!!

Bistro Papa Online Shop