茗荷のたまごとじb

みょうがの卵とじ


みょうがシリーズ続きます。


あまりにたくさん「みょうが」をもらったので、何に使おうかと、Twitterでつぶやいたところ、たくさんの人からアドバイスいただきました。

その中で、「卵とじ」というのがあったので、それは簡単!

と思い作ったものです。

鶏を使ったので、親子丼とどう違うのか・・・と、微妙なのですが、でも主役や鶏ではなく、卵とみょうがなので、みょうがの卵とじです。

美味しかったなぁ。

★パパレシピ

材料:
みょうが(5個)
とり胸肉(1枚)
卵(3個)

A
 出汁(100CC)*かつお節と出汁昆布
 みりん(大1)
 砂糖(大1)
 薄口しょうゆ(大2)

作り方:
1・出汁をつくり、みょうがを縦に千切り。肉は1.5センチぐらいに切る。卵は溶いておく。

2・Aを混ぜ合わせフライパンか鍋に入れ火にかけ沸騰したら鶏を加えて煮る。色が変わってきたらみょうがを加えて蓋をして弱火で少し煮こんでから溶いた卵を回しかけして軽く混ぜる。少し固まったら火を止めて蓋をしてしばらくおいて出来上がり。


アト辛おとな味:
・黒七味/山椒

子手伝い:
・卵割

バリエーション:
・鶏をほうれん草に変えて、「ほうれん草の卵とじ」
 →次の日作りました。


絶妙の組み合わせですね。

鶏、みょうが、そして出汁。

これに、味噌汁と新米のごはんがあれば、文句ありません。

茗荷の味噌汁b

みょうがのお味噌汁

新米b

そして、新米の炊き立てごはん。

新米は、水分が多いためかいつもと同じ水の分量で炊くと、ものすごくもちもち、そして柔らかくなりますね。

米があたらしい!と感じます。

イタリアンから始まったビストロパパの「パパ料理道」ですが、行きつくところは和食なのでしょうか。

特に、地方の伝統的な郷土料理が大好きで、出張のたびに食べてお家で作りたくなります。

地方の豊かな「郷土料理」をパパ料理として地元のお父さんがつくる。

こんな文化を広げたいなと思っています。

考えるだけで楽しいです。

地方の皆さま、パパの郷土料理で町おこしどうですか?

イクメン×郷土料理

地域も家庭も元気になりそうです。


パパ料理研究家 滝村雅晴




ガススタ2010_バナーSsize

「ガススタイル2010」
日時:11/7(日)13:30~/15:30~
場所:福岡マリンメッセ 
ビストロパパ出演
*詳細はこちら




京都高島屋 1階アトリウム
「クリスマス パパ料理イベント」
日時:2010年11月3日(水)祝 13:30~/15:30~
*地元京都でのイベント。1階のオープンスペースで開催です!




かわさき パパスクール
「パパ料理講座 料理力は仕事力」
日時:2010年11月6日(土)10:00~13:00
場所:多摩市民館料理室
*詳細はこちら




イクメンフェスタ in SAITAMA
笑っているパパ・ママになろう
イクメンになるための特別集中講義
日時:2010年11月14日(日)13:00~16:00
場所:さいたま市プラザノース2階 多目的ホール

「あなたのパパ力は何点?パパ力検定」
講師:NPO法人ファザーリング・ジャパン 東浩司

「パパごはんでつなぐ家族の絆」
講師:パパ料理研究家 滝村雅晴

「イクメンでいこう!仕事と育児のハッピーバランス教えます」
講師:NPO法人ファザーリング・ジャパン 安藤哲也

*詳細はこちら(PDF)




パパに必須の料理本!

毎日新聞、読売新聞でも紹介。

全国の書店、オンライン書店で絶賛発売中!


パパごはん本表紙
ママと子どもに作ってあげたい パパごはん
著者:滝村 雅晴
マガジンハウス(2010-09-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




ひろがれ!パパ料理レシピ!応援クリックお願いします!