しめじと舞茸の炊き込みご飯b

秋の味覚 しめじと舞茸の炊き込みごはん


あー、ほっこり。

秋の味覚、きのこの炊き込みごはんの季節です。

と、いっても、舞茸もしめじも年中売っているので、本当に旬だからとれたかはわかりませんが・・・。

きのこ狩りは難易度高そうですね。

食べられるか、食べられないか、見分け方が難しそう。


食感も、香りもよく、値段もお手頃な、しめじと舞茸で炊き込みごはん。

具を買えれば無限につくれるアレンジレシピでもあります。

これは、試さないと。


★パパレシピ
材料:
米(3合)
水(3合 540CC)
しめじ(2カップ 400CC)
舞茸(2カップ 400CC)
生姜(2枚 スライス)
大葉(10枚)

A  
 しょうゆ(大1) 
 酒(大3)
 塩(小1.5)
 昆布(1枚)

バター
黒七味  

作り方:
1・米を洗い、30分ほど浸しておく。しめじ、舞茸はいしづきを切って手でばらばらに。大葉は丸めて千切りに。生姜は千切り。

2・しめじ、舞茸をボウルにいれAを加えて混ぜ合わせる。

3・鍋に、米、水、塩、生姜、2を加えて混ぜ合わせ、上に昆布を乗せ蓋をし強火にかける。沸騰したら弱火にして13分。火を止めて蒸らして15分で出来上がり。千切りにした大葉と一緒に底からしゃもじでかきまぜる。

4・茶碗にもったら、小鍋にバターを入れ弱火で溶かし、軽くかけて食べる。  


アト辛大人味:
・溶かしバターをかける/黒七味をかける

子手伝い:
・米をとぐ/しめじ、舞茸をばらす/炊き立てをのぞく/バターをかける


鍋でたくと、底はおこげになっていい感じになりますよ。

たっぷり入れて炊いたので、あまりおおくよそうと、いやがるかなと減らしてお茶碗にいれたら、ユリ蔵とマオ助からクレームが。

「きのこすくない!」

はいはい、そうでしたか。

きのこ好きと、食べたい気分が重なったのか、目の前に置いたとたんに口からでてきました。


しかし、最近ごはん食べる量ふえてきたなあ。

3人前でちょうどが、4人前作って、大人は腹八分目な時も。


まあ、いいことです。


パパ料理研究家 滝村雅晴





本日は終日自宅で撮影。

12月15日に発売される雑誌の料理撮影。

発売日を聞いて、もう今年終わるやん!と思ってしまう。

本当に早い。

改めてまたお知らせします。

>スタッフの皆さま 本日はありがとうございました!





今週10月17日(日)@西武池袋 キッチンスタジオコーナーで、クッキングイベントを開催します。

13時〜と15時〜の2回。

是非お立ち寄りください。



人から学び、人と学ぶ イー・ウーマン主催表参道カレッジ 
「パパ料理研究家の挑戦〜パパの存在と、パーソナルブランディング」
日時:10月20日(水)19:00〜21:00

お申込み/詳細はこちら




パパに必須の料理本!

全国の書店、オンライン書店で絶賛発売中!


パパごはん本表紙
ママと子どもに作ってあげたい パパごはん
著者:滝村 雅晴
マガジンハウス(2010-09-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




ひろがれ!パパ料理レシピ!応援クリックお願いします!