ブログネタ
☆今日の晩ご飯☆ に参加中!
鶏大根雑炊b

体調が悪い日には、鶏大根雑炊


よくよくつくります。

完全に病人なら、大根雑炊にしますが、鶏を入れてもさほど油っぽくないので、お腹がゆるいときや、体調がよくない時はこれに。

鶏もも肉を冷凍しておいて、必要な時に冷凍のまま小さく切って解凍せずそのまま煮込んでいます。

「体調が悪い日」

は、突然きたりします。

そんな時に、冷凍した鶏や、野菜があるととても便利。


この鶏大根雑炊は、大目につくったかな・・・と思ってもなくなってしまいます。


★パパごはんレシピ

材料:
鶏もも肉(1/4枚分ぐらい)
大根(4センチカット)
卵(1個)
ごはん(茶碗2杯分ぐらい)

塩(小1/4〜)
しょうゆ(小1)

水(800〜1000CCぐらい)
昆布出汁(1枚)


作り方:
1・鍋に水と昆布を入れ弱火にかけ出汁をとり昆布をだす。鶏もも肉を1センチ角ぐらいに切り鍋に入れて中火で煮込み火が通ったら、5mm角の拍子木切りにした大根を加えて煮込む。

2・1の鍋にごはんを加え、蓋をして10分ほど弱めの中火で煮込む。蓋をとり、塩、しょうゆを加えて、とろとろになるまでしばらく煮込む。

3・火をとめて、溶いた卵を2にまわしかけし、さっとかきまぜてできあがり。


アト辛おとな味:
・おとなしく、このまま食べましょう。

子手伝い:
・雑炊のリクエスト。

パパポイント:
・ごはんは、雑炊にすると、思った以上に膨れ上がりたくさんできます。水が多めに感じるかもしれませんが、鶏からいい出汁もでて、汁も一緒においしくいただけます。

・冷凍した鶏は、解凍せずにそのまま鍋に入れてOK



とても優しくあったかい一品。

急に肌寒くなってきた、秋にはとてもいいかもしれません。


体調が悪いな、と思った朝、台所から美味しそうな、鶏雑炊の香りがただよってきたら、すぐに元気になれそうですよね。


パパ料理研究家 滝村雅晴




9月24日(金)、NHKニュース こんにちは いっと6けんで取材された映像が無事放映されました。

スタジオレポート含め11分間。

「人生わたし流」で、「パパ料理研究家 滝村雅晴」を取り上げていただきました。

とてもわかりやすく、僕の活動や、志、これからの夢などを取り上げていただきました。

スタジオでレポートしていただきました、長野ディレクターには大変お世話になりました。

改めて御礼申し上げます。


また、カメラが回るなか、料理教室に参加いただいたお父さん、子どもたち、お母さん達にも感謝です。

たくさんのいい顔が映っていましたね。

一生懸命なお父さんと、素直に楽しんでいる子どもたち。

嬉しそうにできたハンバーグを食べるお母さん。


どれも最高でした。


そして、今回の撮影や、料理教室の手伝いをたくさんしてくれた、妻や、ユリ蔵、マオ助にも感謝です。

まさに、ビストロパパ社総出の企画。

この番組がきっかけで、1人でも多くのお父さんたちが、家族のために料理をつくる世の中になればと思ってます。





番組をご覧いただき、このブログを見に来ていただいた皆様。

誠にありがとうございます。

かなり、たくさん記事やレシピがありますので、こつこつご覧いただければと思います。

左側に、今までの記事や、月ごと、カテゴリーごとに見ることができるリンク先もあります。


みたいレシピは、グーグルや、ヤフーで、

「ビストロパパ  ハンバーグ」

のように検索いただいても見つけることができます。

お好きな料理を一度検索してみてください。




絶賛予約中!
皆さま、ご予約のメッセージたくさんありがとうございます!
アマゾンで9月30日まで配送料無料キャンペーン中!
パパごはん本表紙
ママと子どもに作ってあげたい パパごはん
著者:滝村 雅晴
マガジンハウス(2010-09-30)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る




ひろがれ!パパ料理レシピ!応援クリックお願いします!