ブログネタ
パパの子育て に参加中!
鶏南蛮b

大分で食べた「とり天」思い出して、チキン南蛮


先日、大分で料理教室をしてきました。

地元料理を食べたかったので、名物は何かと調べると、


とり天

がありました。


地元の鶏を、天ぷらにしたような味付け。


今回はそれとは違うのですが、おとなりの宮崎県のチキン南蛮をを夕食の一品に。

(とり天つくれよ!)

なかなか、カリッといい味わいでした。

今度、とり天にします!


★パパレシピ

材料:
鶏もも肉(2枚)
塩(少々)
粗挽きこしょう(少々)

A
 にんにく(1かけ すりおろし)
 しょうが(1かけ すりおろし)
 うすくちしょうゆ(小1)
 酒(大1)


B
 小麦粉(1カップ)
 水(150CC)
 塩(少々)


サラダ油(フライパンにいれて2〜3センチ)


C(タルタルソース)
 玉ねぎ(1/2個)
 マヨネーズ(大6)
 塩(小1/4)
 レモン汁(少々)


レタス(3枚 千切り)


作り方:
1・とりもも肉を、1.5センチ幅ぐらいに切り、塩、粗挽きこしょうを加えてもむ。Aを混ぜ合わせて、つける。

2・Bを混ぜあわせる。

3・フライパンに油をいれ180度にし、1でつけた鳥を2につけて、フライパンに入れる。途中で菜箸で裏返してこんがり焼く。

4・玉ねぎをみじん切りにして、水にさらし、マヨネーズ、塩、レモン汁を加えて混ぜ合わせ、タルタルソースをつくる。

5・3があがったらとりだして、千切りレタスと一緒に皿にもりつけ、タルタルソースをかけて食べる。


アト辛おとな味:
・黒七味
・飛騨山椒


子手伝い:
・タルタルソースをかける

カリッといい具合にできました。

これがそのアップ。






鶏南蛮アップb


しっかりころもがつき、カリカリ感がすごい。

かなりいい揚がり具合でした。


たくさんつくって、今度の運動会弁当にいれようかな・・・

そんな一品。

数個は、明日のマオ助の弁当にね。


パパ料理研究家 滝村雅晴




昨日、午後からTV取材。

家族そろって登場します。

子手伝いシーンも撮ってもらったしね。

さすがに、食卓を囲んでご飯を食べる時に、カメラが回っているとよそよそしくなりますね。



<9月30日発売!>

「ママと子どもに作ってあげたい パパごはん」

パパ料理研究家 滝村雅晴 著

MAGAZINE HOUSE MOOK

マガジンハウス 定価780円

*近日発売予約開始!




ひろがれ!パパ料理レシピ!応援クリックお願いします!