ブログネタ
☆今日の晩ご飯☆ に参加中!
本格ハヤシライスb

野菜がいっぱい!赤ワイン風味たっぷりな本格ハヤシライス


うまかった!ハヤシライス。

赤ワイン風味たっぷり。

この週末は、思いっきり料理しましたよ。楽しかった。


日々やる必要がある料理が「趣味」であり、「仕事」でもあり、「好すきな家事」でもあることが、とても毎日を楽しく過ごせているポイント。

様々な角度で物事をみることで、この3つがつながっている項目が何かあるはず。



で、話は戻ってハヤシライス。

本格風味のポイントは、「赤ワイン」と「デミグラスソース」

さらに一晩寝かせることで味にもっと深みが。


自宅でこれを作れば、お家はどんだけ散らかっていても、食卓はレストランに。

一度作られることをおススメします。


★パパごはんレシピ(4〜5人分)

材料:
牛こま切れ(280g)
トマト(3個)
にんじん(1本)
エリンギ(1パック 3本入り)
玉ねぎ(2個)
にんにく(2かけ)
オリーブオイル(大2)

A
 塩(適量 *肉にかけるよう)
 粗引きこしょう(適量 *肉にかけるよう)
 小麦粉(大1)

赤ワイン(300CC)
ローリエ(1枚)

デミグラスソース(1缶 290g)
塩(小1)
粗引きこしょう(少々)
プレーンヨーグルト(大1 *あれば)
フレッシュコーヒーのもと(1つ *あれば)

ご飯


作り方:
1・牛肉を3〜4センチほどに切り、塩、粗引きこしょうをかけて混ぜ、小麦粉を加えて混ぜ合わせる。

2・にんじんは皮をむいて乱切り。玉ねぎは皮をむき縦にくし型に薄切りに。エリンギは、横半分にきり薄切りに。トマトは湯むきしてざく切りに。にんにくは、薄切りに。

3・厚底鍋に、油とにんにくを加え、弱めの中火にかけ、香りたったら、1の肉を広げながら焼く。火が通ってきたら、玉ねぎ、にんじん、エリンギを加えてしんなりするまで炒める。ざくぎりのトマトを汁ごと加え、赤ワイン、ローリエを入れ、ひと煮だちさせたら蓋をして弱火で15分ほど煮込む。

4・3にデミグラスソースを加え、塩、粗引きこしょうで味付けをし、隠し味にヨーグルトを混ぜて出来上がり。

5・お皿にご飯をよそい、4をかけて、最後にコーヒーフレッシュを軽く回しかけする。


アト辛大人味:
・赤ワイン風味がとっても大人味。
・小さなお子さんは、翌朝の味のほうがいいかも。


子手伝い:
・缶をあける|デミグラスソースを出す。


パパポイント:
・塩、こしょうは、少しづつ入れて好みの味に。
・ワイン風味が苦手な方は、分量を少なめに。
・デミグラスソースをもう1缶加えてもOK。上記のレシピの分量でも十分です。


野菜たっぷりにしたので、食べ応え抜群。大目に作ったので残るかな・・・と思ったら、結構なくなりました。

大人4人だと、誰かお代わりして一瞬でなくなるかもしれません。

でも、「えっ、もうないの!」というぐらいが、次回食べる楽しみに変わっていいかもしれません。

お家で食べる、レストランのハヤシライスの味。

ホテルっぽいかもしれません。

是非お試しください!


パパ料理研究家 滝村雅晴





*増席しました*


小さな会社でもこれだけできる!広報PRで成功する10の方法
2010年4月27日(火)19:00~21:00

主催:横浜ベンチャーポート

場所:
横浜メディア・ビジネスセンター6F講師:
株式会社ビストロパパ 代表取締役
パパ料理研究家|広報PRコンサルタント
滝村雅晴

*詳細は
Webサイトをご覧ください




ひろがれ!パパ料理レシピ!応援クリックお願いします!





男と女ののこだわりエプロンの決定版

一澤信三郎帆布×BistroPapaコラボエプロン


家族でお手伝いしたくなるエプロン

子供のお手伝いエプロン kotetsudai Apron 

Mサイズ × 8カラー
Sサイズ × 8カラー



Bistro Papa Online Shop